職場の教養 感想1月6日(木)「心晴れやかに」

おはようございます。@ukara91です。
1月6日(木)の職場の教養は「心晴れやかに」です。

心晴れやかに

職場の教養1月6日の画像

 Mさんの家では、お正月には初詣と墓参りに行きます。
 この年初の慣習は、Mさんが幼い頃、在りし日の父が始めました。そして、父亡き後は母からMさんへと受け継がれていったのです。
 昨年のお正月は、Mさんと妻、1歳になる息子の家族3人で初詣と墓参りに行きました。息子は、初詣の人出の多さに驚いている様子でした。
 初詣の神社に比べると、お寺はそれほど混雑していませんでした。墓前で線香をあげ、手を合わせると、Mさんの脳裏には、昔の情景が蘇ったのです。
 幼かったMさんが父親と手を繋ぎながらお参りに来たこと、そして墓の掃除方法や祖父母との昔話をしてくれる父を思い出しました。
 Mさんは<この年初の慣習をわが家の良き習慣として、息子の代にも伝えていこう>と決意を新たにしたのです。
 父親の墓前で「お父さんの孫は、すくすく育っていますよ」と報告したMさん。新年から心晴れやかなスタートを切ることができました。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養1月6日(木)「心晴れやかに」より

<今日の心がけ>
良い習慣を伝えていきましょう

心晴れやかに 感想

職場の教養1月6日の画像

家族とは一緒に行動することが多いので、家族の習慣は受け継がれていくことが多いですよね。習慣とともに、考え方のクセなど、親や祖先が身につけてたものを継承していくようで、なんだか嬉しいですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)