名コンビの始まり

おはようございます。@ukara91です。
11月21日(木)の職場の教養は「名コンビの始まり」です。

名コンビの始まり

 ある金属加工機械のメンテナンス会社には、どんなことにも立ち向かい、それを乗り越えるという名コンビの先輩と後輩がいます。
 Tさんが入社して一年が経過したある日、始業時間際に、先輩から「高熱が出ていて、今日は休む」との連絡がありました。上司からは、その日一日の仕事をTさん一人で行うように指示を受けました。
 どのような仕事も元気な返事で受けることがモットーのTさんでしたが、直後に不安を感じました。その仕事は、いつもは先輩と二人で行なっていたからです。
 仕事内容を確認し、先輩からの助言を思い出すうち、<何とかやれそうだ>という心持ちになり、お客様の工場でメンテナンス業務を進めていきました。
 仕事を終えて職場に戻り、電話で先輩に報告すると、「突然のことなのに、一人でよくやってくれた、ありがとう」との言葉がTさんの自身となりました。
 その後、困難な業務も、引き受けたものは、必ず対処するというTさんと先輩は、会社の名コンビとして、一目置かれています。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月21日(木)「名コンビの始まり」より

<今日の心がけ>
仕事に真摯に向き合いましょう

名コンビの始まり 感想

 仕事でこういったコンビの相方がいるって素敵ですね。

切磋琢磨し、互いに成長しながら困難を乗り越えていくのでしょう。

この後の二人のドラマも見てみたいですね♪

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です