朝礼をレベルアップ

おはようございます。@ukara91です。
11月25日(月)の職場の教養は「朝礼をレベルアップ」です。

朝礼をレベルアップ

 本誌を発行する倫理研究所が提案している朝礼は、「連絡・報告の場」で終わらせず、「教育の場」として活用する「活力朝礼」です。
 次の五つのポイントに要点を置きつつ、段階を踏むことで、毎朝の朝礼のレベルアップにつながります。
 ①「調和」。姿勢や所作を揃えることで、全体の調和を目指します。②「タイミング」。間を引き締め、テンポよく進行させることで活力を高めます。
 ③「集中」。発声や、リーダーが正面に立った際に、全員がリーダーと正対するなど、一つの行動に集中することで、メリハリのある流れが生じます。
 ④「洗煉」。基本の型に徹し続けると洗煉された空気が醸成されます。⑤「独創」。基本を踏まえた上で、職場環境に応じてメニューを構築していきます。
 朝礼のみならず、日常の業務においても、基本を疎かにしてレベルアップを目指すことは困難です。まずは、基本の姿勢・挨拶・返事に磨きをかけることが、洗煉した朝のスタートにつながります。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月25日(月)「朝礼をレベルアップ」より

<今日の心がけ>
基本に磨きをかけましょう

朝礼は、プライベートと仕事の気持ちの切り替えを行う重要な場です。

組織人としてのスイッチを入れる為、①〜⑤を意識して毎日行うことは大切ですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です