病気になって

こんにちは。@ukara91です。
今日の職場の教養の題目は「病気になって」です。

病気になって 内容

 Eさんは出張中に腹痛になり、風邪か食あたりかと思い、数日様子をみていました。ところが、痛みは治まらず夜も眠れないほどです。
 病院へ行くと腸捻転と診断され、即、処置をすることになったのです。内視鏡を通して処置すると、短時間で腹痛は消えました。体への負担も感じられず、激痛があったことさえ嘘のように思えたのです。
 腸が捩れた(よじれた)まま数時間我慢したため、捩れ癖がついている恐れもあり、二日間病院のベッドで安静にしていました。Eさんにとっては、初めての入院でした。
 「一人ひとり症状が異なる大勢の患者のため、日夜働く医師や看護師の皆さんに対し感謝の念が湧きました。時間や手間を惜しまず看病してくれた家族、医学の進歩にも感謝しました」とEさんは言います。
 そして、健康であること、当たり前の生活ができることの有難さなど、多くの気づきを得たのでした。
 様々な恩恵を受けたEさんは、人の約に立つことをしようと決めたのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養9月26日 「病気になって」より

<今日の心がけ>
健康に感謝しましょう

病気になって 感想

オリヒロ 高純度 グルコサミン粒(900粒*2コセット)【rank】【オリヒロ(…

 医療に従事される方には本当に頭が下がります。
医療従事者の負担を少しでも軽減するためには、我々が健康でいることが大切です。定期的な検診とかではなく、常に自分の体に聞き耳をたて、体からのメッセージを感じとることが一番の病気予防。
 忙しい忙しいと仕事ばかりしていると、体から発せられるメッセージに気づくこともなく、病気になってしまうかもしれません。
 生活や仕事のやり方も見つめ直しましょう。


投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です