成長の速度

おはようございます。
@ukara91です。
3月6日(金)の職場の教養は「成長の速度」です。

成長の速度

 単身赴任の生活を送るK氏が、自宅へ帰った時のことです。
 久しぶりに家族三人で買い物へ出かけた途中、後ろから妻と中学二年生の息子が並んで歩く姿を見ました。少し見ない間に息子は、妻の背丈よりも大きくなっていたのです。
 息子が思春期に入ってから、親子で会話をする機会が少なくなっていました。
自宅へ戻りK氏が、「いつの間にか母さんより背が高くなって頼もしくなったな」と息子に話しかけても、「ああ」という短い返答だけで会話が続きません。
 ところが、その日の晩、息子から「仕事を頑張るのもいいけど、無理して体調を崩したら母さんが困るから気をつけてよ」と声をかけられました。その頼もしい言葉に温もりを感じたのです。
 <体だけでなく、精神的にも成長しているな>と感じたK氏。子供の言動に一喜一憂せず、心身の成長を信じて見守ろうと決意しました。そして、相談を受けた時は、精一杯アドバイスしようと思ったのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月6日(金)「成長の速度」より

<今日の心がけ>
気持ちに余裕を持って見守りましょう

成長の速度 感想

父親と息子の関係って、照れることで適度な距離感があり、母を媒介しないと本音を離せないというような事があるようです。

ちなみにウチがそうです笑

でも、この関係には独特の美学があり、この関係性の中で息子から労りの言葉が発せられるなんて、親としては嬉しくて仕方ないでしょうね。

言葉は数が多ければよいというものではなく、相手に一番伝わる言葉を搾り出してシンプルに伝えるのが一番だと思います。

今日の職場の教養のように、息子から「仕事頑張るのいいけど、無理して体調崩したら母さんが困るから気をつけてよ」なんて言われたら感動しますよね。しかも、「自分が困る」と言わずに「母さんが困る」という言い回しにしたことで、お父さんの心に響きまくったんだと思います。

周囲の支え

おはようございます。@ukara91です。
3月5日(木)の職場の教養は「周囲の支え」です。

周囲の支え

 人は一人で生きていくことはできません。私たちの生活は、多くの人の働きによって支えられています。
 入社八年目になるDさんは、二人の後輩と共に仕事をしています。ある日、後輩の一人が風邪をひいて休むことになりました。
 後輩は日頃から資料を整理し、Dさんとは報告・連絡・相談を蜜にしていました。そのため急な休みでしたが、何をやるべきかがわかり、スムーズに仕事を進めることができたのです。Dさんは、後輩の管理能力の高さに感心しました。
 普段は意識しなくても、職場においては仲間が、家庭においては家族が自分を支えてくれています。忙しい中でも、身近な人がやっていることに目を向ける心のゆとりは必要でしょう。
 <自分が教えてきた仕事は、後輩たちがきちんと受け継いでくれているんだ>と確信し、仕事に一層のやりがいを感じたDさんでした。
 そうしたやりがい感が、働きをより良いものにしていくのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月5日(木)「周囲の支え」より

<今日の心がけ>
身近な人の支えに目を向けましょう

周囲の支え 感想

職場においては営業や総務など、部署間で支え合ったり、また個々人でもそれぞれが支え合いながら業務を遂行しています。

企業は営利が目的です。支え合うだけでは競争には勝ち抜いていけません。企業活動はお互いにバトンを渡しながら、他の会社よりも早くゴールできるようにリレーをしているようなものといえます。

ですので、自分本位にバトンを渡しても、次のランナーがバトンを落としたりしてしまえば、リレーは負けてしまいますよね。

相手のスピードや性格に合わせるためには、どういうバトンの渡し方がいいのだろうか?と考え、相手と対話することで素早く渡す方法が確立されていき、それがすべてのランナーが実行することで、とても早いチーム(良い会社)という事になるのだと思います。

実際の会社では、バトンは渡しませんが、「言葉」がバトンの変わりです。次のランナーには、この言い方では伝わらない。Aさんには、大きな声でハッキリつたえないと行けない。Bさんには、優しく伝えないと怖がられてバトンを落としてしまうなど、人によって言葉のかけ方も変えなければなりません。

バトンをキチンと渡しあい、チームで良いサービスを顧客に提供しましょう。

名を高める

おはようございます。@ukara91です。
3月4日(水)の職場の教養は「名を高める」です。

名を高める

 日本には二百年以上続く企業が三千余りあります。また、世界でも数少ない創業千年を超える企業の大半が我が国にあります。
 日本の老舗企業の中には、先代の名前を受け継ぐ襲名を行っているケースがあります。
 たとえば、創業から約八百年、仙台の老舗旅館「佐勘」では、代々創業者の「佐藤勘三郎」の名を襲名しています。現在の当主は、三十四代目です。
 襲名とは、先人の由緒ある名跡を継ぐ行事です。歌舞伎や落語の世界に多く、江戸時代までは一部の家庭でも行われていました。
 名前には、先代が積み重ねてきた社会的な信用や人柄が詰まっています。いいかえるとブランドといえるかもしれません。そこから、その名に恥じない生き方や働きが求められ、また、名前の価値を高め、後世に伝える使命も生まれます。
 親祖先から受け継いだ「いのち」を表わす、自分の名前を大切にする。努力は必要です。まずは、自分の名前を丁寧に書くことから始めたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月4日(水)「名を高める」より

<今日の心がけ>
名前を大切にしましょう

名を高める 感想

襲名とはまさに名前に詰まったブランドを受け継ぐ事ですよね。
一般の我々は襲名することはありませんが、生まれた家庭の名字をいただき、そこに名前をつけてもらいます。
名字を受け継ぐことと、襲名は少し違いブランドまで受け継ぐ事ではありませんが、同じ名字で行きてきた親や先祖の遺伝子はしっかりと受け継いでいます。

受け継いだものを活かして高めた方が、人生は豊かになりそうですね。

水に流す

おはようございます。@ukara91です。
3月3日(火)の職場の教養は「水に流す」です。

水に流す

 今日は、ひな祭りです。ひな祭りは、雛人形や菱餅、桃の花などを飾って、女の子の健やかな成長と幸福を願う年中行事です。平安時代に始まったといわれ、現代まで引き継がれています。
 起源は諸説ありますが、平安時代に行われていた流し雛が、江戸時代になって女児の人形遊びと結びついて、現在の形になったとする説があります。
 流し雛とは、三月三日の夕方に人形の紙を川や海に流して、罪穢れや災厄を祓う風習で雛流しともいわれます。「水に流して清める」というのは、古くから豊かな川や海が身近にあった日本人ならではの考え方ともいえるでしょう。
 何らかのトラブルが発生し、それがこじれてしまう場合があったとします。一方が「これまでのことは水に流して」と、わだかまりを捨てることで事態は好転し、より良い人間関係が築けることも少なくありません。
 流れ去った水と同じように、過ぎ去った時間は戻りません。いつまでも過去にこだわるよりも、サッと気持ちを切り替える心の柔軟さを身につけたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月3日(火)「水に流す」より

<今日の心がけ>
気持ちの切り替えをしましょう

水に流す 感想

人は生まれてから死ぬまで、そんなに長い時はないのに、日常のちょっとした事に感情的になりますよね。そして感情的になる対象は必ず「人」です。

自分より上だ下だと比較したり、そんな言い方されたら面白くないと怒ってみたりします。

時が経過していくと「なんであんな事にムキになってしまったんだろう」と思うのですが、感情に翻弄されてしまうんですよね。

「水」も同じかもしれません。
普段は穏やかに流れていますが、荒れた時の水は我を忘れて周囲を襲いますよね。津波もそうです。そしてまた時が経つと穏やかな流れに戻ります。

人と水は似ているということを感じた人が平安時代にも居て、穏やかな水に自分の分身を流す事によって、自分の心を見つめる文化として育てていったのではないかと感じます。

日本の文化って、心を充実させるものが多いですね。

生涯の手習い

おはようございます。@ukara91です。
3月2日(月)の職場の教養は「生涯の手習い」です。

生涯の手習い

 美容室を経営しているA子さんは、七十歳を過ぎて書道を習い始めました。
 誘われて始めたことで、当初は乗り気ではありませんでした。その上、自分より若い仲間が素晴らしい作品を仕上げる様子に、情けなくなるのです。
 書道をやめようかと悩み、講師に相談すると「今やめたら後悔しますよ。継続すれば、必ず何か発見があるはずです」と言われたのです。
 続けてみると、確かに様々な気づきがありました。年下の講師に頭を下げる先輩を見て、<自分の得意なことばかりを行っていると、頭を下げることのできない不遜な人間になってしまうかもしれない>とA子さんは感じました。
 また、一人ひとり個性が違うのだから、人と比べる必要はないのだということもわかりました。「老若男女、様々な人がいて色々な作品がある。それは社会の多様性を教えてくれているようだ」と、A子さんは学んだのです。
 いくつになっても学び続けることの大切さを知ったA子さん。講師の言葉に謙虚に耳を傾け、書道を通じて人生の学びを深めています。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月2日(月)「生涯の手習い」より

<今日の心がけ>
年齢を問わず学び続けましょう

生涯の手習い 感想

小さな頃は、大人から学ぶのが当たり前です。しかし大人になって仕事をある程度覚えて、人生の流れがある程度固まってくると、自ら意識しないと人から学ぶことがなくなってしまいます。

特に仕事を忙しくこなしていると、自分や周囲の狭い範囲の宇宙で過ごしているわけですので、視野が狭くなってしまいがちです。

仕事一筋でやっていて、退職したら何も無くなったという団塊の世代の話は一時期話題になりましたが、仕事以外からの学びがなければ、我々も団塊の世代と一緒になるかもしれません。

それから、人に教える立場になる方は、特に外の世界で学ぶことが必要だと思います。大人になってから、経験のないことを学ぶと、講師の言ったことがよく理解できなかったりします。そんな時に、「ひょっとしたら自分が後輩に教えたあの仕事、後輩にきちんと伝えることが出来ていただろうか?」と、反省したり振り返る事ができます。

そういった経験がとても大切だと思います。

僕は30を越えてから、ピアノ教室に通ったのですが、もう先生の教え方がとにかくすごくてカルチャーショックでした。(笑)
言われた事がいちいちわからなくて、努力して、ようやく理解できるようになったら、「なんだ、それならこういう言い方してくれた方が解りやすかったな」と思い、「相手に伝わる言葉の使い方」というのを考えるキッカケになりました。
そのピアノ教室の生徒のほどんどは子供なので、頭のやわらかい子供たちに伝わる言葉を先生は使っているのに、僕には伝わりずらかったのだとその後理解できたのです。

また、ピアノにはピアノの世界の宇宙があり、自分の仕事の常識のモノサシで図っているから、ピアノ先生のいう言葉を理解する柔軟性がなかった事にも気づきました。

その気付きは今とても活かされています。

お客様を愛しています

おはようございます。@ukara91です。
3月1日(日)の職場の教養は「お客様を愛しています」です。

お客様を愛しています

 アメリカを代表する奇術師のはワード・サーストンは、舞台に立つ際に、心の中で必ず<私は、お客様を愛している>と何度も繰り返し唱えていたそうです。
 Eさんは、研修会の講師として、人前で話す機会があります。この話を知り、<自分もその言葉を真似してみよう>と思いました。
 ある日、<私は、皆様を愛しています>と、心に念じながら壇上に立ちました。
 その上、参加者に対して親しみを感じることができ、以前より話が滑らかに進むようになりました。Eさんは、今後もサーストンの言葉を心で唱え、多くの人たちに愛情を向けていこうと決めたのです。
 人は、それぞれに、語り尽くせないドラマがあり、様々な苦難を乗り越えて今に至っているのです。いつもは言葉を交わさない関係でも、その人を表面だけでなく、よく知れば知るほど、愛おしさも湧いてくるでしょう。
 「皆様を愛しています」との気持ちで、人と接していきましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月1日(日)「お客様を愛しています」より

<今日の心がけ>
愛情を持って人と接しましょう

お客様を愛しています 感想

 僕もたまに人前で話をすることがあるのですが、「お客様を愛しています」という感覚で話をしたことはありませんでした。

 でもお客様の雰囲気が明るかったり、質問が多かったりすると饒舌に話ができて、お客様がしかめっ面で暗い表情だと、話の進みが悪かったりしています。

今日の職場の教養のように「皆様を愛しています」という思いで自ら発信していくという姿勢で話をすると、なんだかもっと上手く立ち回ることができそうです。

「相手の態度は自分の鏡」ですもんね。

閏年の複雑さ

おはようございます。@ukara91です。
2月29日(土)の職場の教養は「閏年の複雑さ」です。

閏年の複雑さ

 本日は二月二十九日、閏年です。閏年は、四年に一回の頻度で巡ってくると考えている人が多いかもしれません。しかしその定義は、実は複雑です。
 基本的に西暦が四で割り切れる年を閏年と呼びますが、百で割り切れる場合、閏年とはなりません。ただし、四百で割り切れる場合は、閏年となります。結果として、四百年に九十七回が閏年となります。
 ルールが複雑な理由は、地球が太陽の周りを一周する時間(公転周期)。が、365日より少しだけ長いという事実にあります。その結果、一年を単純に365日とすると、カレンダーと天体の動きが徐々にずれてしまいます。
 そのずれが少なくなるように、複雑なルールを用いて挿入されているのが閏年なのです。
 私たちが何気なく使っている暦は、天体の動きを正確に反映させようとした先人の研究の結果です。今日という特別な日に、どのような過程を経て暦が出来上がったのか、調べてみてはいかがでしょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養2月29日(土)「閏年の複雑さ」より

<今日の心がけ>
先人の努力に目を向けましょう

閏年の複雑さ 感想

 昔は今と比べて科学も文明も発達していないのに、正確に天体観測を行い、それを暦に反映させた能力はすごいですよね。

 昔の方が想像力豊かで、知恵も現代よりも遥かに高かったことが伺えます。

時代が豊かになるにしたがって、ひょっとしたら人の能力は低下しているのではないか?と感じてしまいます。

良薬は口に苦し

おはようございます。@ukara91です。
2月28日(金)の職場の教養は「良薬は口に苦し」です。

良薬は口に苦し

 Hさんは社歴十年の中堅社員です。ある日、社内教育の一環で入社歴の浅い社員を前に経験を話すよう指名されました。
 「仕事を覚え、一人前として会社に貢献している自負が芽生えた四年目に、異動してきたある先輩とコンビを組むことになりました。細かい指摘と叱責の連続でした。先輩の言うことですから表面上は従いました」とHさんは回想しました。
 「しかし、不満でいっぱいになり、同期に愚痴ったこともあります。そうした私が後輩を指導する立場になると、どうでしょう。先輩が自分に指摘していたことを、同じように後輩に言っていることに気がついたのです」と語ったのです。
 「良薬は口に苦し」と言われます。優れた効果を持つ薬の中には、苦くて飲みにくいものがあります。そのために敬遠する人がいるかもしれませんが、職場で上司や先輩から叱責や指摘があった際には、良薬と受けとめたいものです。
 「周囲の声に耳を傾ける素直さを大切にして、仕事を通してお互いに成長しましょう」と締めくくったHさんでした。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養2月28日(金)「良薬は口に苦し」より

<今日の心がけ>
素直な心でアドバイスに耳を傾けましょう

良薬は口に苦し 感想

 社会に出ると必ず熱心に教えてくれる先輩がいます。解らないことだらけの時に叱責され続けるときついですね。
でも、少しづつ全体が見えてくると、言われてることが理解できてきます。そして実践してみたことが、その先輩に褒められたりすると嬉しいもんです。

でも、命令だけでつながった上下関係は脆いものです。
自分が先輩になった時は、叱責だけではなく、プライベートな話もたくさんして、人間関係を育てていきたいものですよね。

その場に馴染む

おはようございます。@ukara91です。
2月27日(木)の職場の教養は「その場に馴染む」です。

その場に馴染む

 「郷に入っては郷に従え」ということわざがあります。
 Nさんが海外に出張した際の会食で、麺料理が出されました。その料理をいつも通りズルズルと食すNさんに、外国人の担当者は怪訝な表情を浮かべています。
 「Nさん、この国では麺類を音を立てて食べるのは、マナー違反ですよ」と注意されたNさんは、その瞬間、冒頭の言葉を思い出しました。
 <ここは海外。相手に不快感を与えないように、この地の風習に倣って所作を変えよう>と、戸惑いながらも、音が出ないように料理を口に運びました。
 私たちが働く職場においても、同じ仕事でも、相手のやり方の違いに戸惑う場面があるでしょう。
 そうした際に、自分のやり方を貫くことだけが、正解ではありません。その場で長年積み上げられてきた習慣には、それなりの理由があるからです。
 水の流れのように、その場に自分を合わせながら、柔軟に仕事を進めていくことも大切でしょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養2月27日(木)「その場に馴染む」より

<今日の心がけ>
慣習の違いを受け入れましょう

その場に馴染む 感想

マナーというのは、その土地や育った環境によって異なります。
麺類を食べる時の音のことが本日の話題になっていますが、麺類以外でも、食べる時に「くちゃくちゃ」音を立てて食べることは、日本でもマナー違反と感じる方が多いと思います。

自分の行動が、周囲からどう見られているか?気にシすぎる必要はないですが、どう見られているかを知っておくことは大事なことだと思います。

その上で、相手と自分の違いを楽しみながらコミュニケーションをとれるといいですね。

予定外の出来事

おはようございます。@ukara91です。
2月26日(水)の職場の教養は「予定外の出来事」です。

予定外の出来事

 仕事やプライベートにおいて、急な仕事を頼まれたり、思わぬトラブルで約束の時間に遅れるなど、予定外の出来事はあるでしょう。
 設備会社で働いてるDさんは、上司から、別の担当者の工事現場を引き継いでほしいと言われました。その工事現場は急に仕様の変更をしたり、追加工事や工期の短縮をするなど、予定外の出来事がよく起こります。
 Dさんが現場担当に就くと、同様にトラブルが続きました。ある日、仕事の愚痴を妻にこぼすと「あなたに何とかしてほしくて、現場を任されたんじゃないの」と言われたのです。その言葉に、憤る気持ちが薄れていくのを感じました。
 それからは予定外の出来事やトラブルがあっても、前向きに受け止めて、対処していきました。すると、どのような状況でも工事がスムーズに運ぶようになり、無事に工期を終えることができたのです。
 新たな展開が可能かどうかの分かれ道になるのは、心の持ち方です。トラブルの要因を追求するだけではなく、積極的に対処していくことも必要でしょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養2月26日(水)「予定外の出来事」より

<今日の心がけ>
前向きに対処していきましょう

予定外の出来事 感想

予定外の出来事(トラブル)が起きた時は、同様のトラブルを防ぐために原因追求が必須ですが、今、目の前にあるトラブルにも対処しなければなりません。

どちらか一つづつ役割分担できる組織なら良いですが、場合によってはすべて一人でこなさなければならない時もあります。

そんな時こそパワーを発揮する時です!がむしゃらにこなして行きましょう!