家族の支え

おはようございます。@ukara91です。
11月12日(火)の職場の教養は「家族の支え」です。

家族の支え

 仕事にやりがいを感じ、上司・同僚にも恵まれ、何不自由なく会社勤めをしてきたSさん。独身時代から続けている趣味の一つが、お菓子作りでした。
 休みになると妻と子供たちを連れ、評判のパティシエがいる店に行き、味を覚え、自分のお菓子作りに活かしていきました。そのような生活を長年続け、<いつか自分の店を持ちたい>と思うようになっていました。
 ある時、Sさんの妻が「あなた、そんなにやりたいなら思い切ってやってみたら。人生は一度きりなんだから」と背中を押してくれたのです。
 その後、紆余曲折を経ながら、念願のケーキ店をオープンすることができたのです。ところが最初の月の売り上げは、目標には及びませんでした。
 Sさんは、少ない収入を妻に手渡しました。すると妻は子供たちを集め「あなた、本当にお疲れさまでした。いつもありがとう」と感謝の言葉を言ったのです。この言葉を聞いたSさんは目頭が熱くなり、力が湧いてくるのを感じました。
 「家族の支えあっての自分」と肝に銘じ、パティシエの腕を磨くSさんです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月12日(火)「家族の支え」より

<今日の心がけ>
人の支えに感謝しましょう

家族の支え 感想

 Sさんはとても恵まれた方ですね。これだけ恵まれてるのですから、Sさんは周囲になにか恵みを与えてるのだと思います。

人生ってきっと等価交換ですから。

だからこそ、ケーキ店は努力して、サラリーマン時代よりも充実した環境になるようさらなる努力が必要ですね。等価のバランスがくずれないように。

対面販売を通して

おはようございます。@ukara91です。
10月31日(木)の職場の教養は「対面販売を通して」です。

対面販売を通して

 東海地区でぶどう園を経営するUさんは、全国区の賞を受賞する品質のぶどうを育て、その種類は三十五品種に及びます。
 インターネット販売も行いますが、売上の九割以上を占めるのが、ぶどう園に隣接する直売所での対面販売です。直接、お客様からの声をもとに品種を仕立て、<あの人に喜んでもらおう>と顔を思い浮かべながらぶどうを作ります。
 現代では多様な情報ツールを通して、お客様と接点が持てます。それは販路の拡大にもつながり、多くのお客様と出会うきっかけが広がります。
 その中で、Uさんの手法は、多くのお客様に届けたいだけでなく、<あの人によろこんでもらいたい>という究極のお客様本位の形といえるのかもしれません。
 生産者と消費者が直接顔を合わせるケースは、あまり多くはないでしょう。どのような手法でも、相手を思って取り組む姿勢は、その人に通じるものです。
 サービスや商品を通じて、間接的にお客様と関わる職場もあります。どのような職場であっても、お客様の喜びを想像しながら、仕事に取り組みたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養10月31日「対面販売を通して」より

<今日の心がけ>
誰の喜びにつながるか考えてみましょう

対面販売を通して 感想

商品を企画したり、製造したり、レジ打ちをしたりと商品に関わる業種の方はとても多いとおもいます。対面販売はどうでしょうか?やった経験ある方はいらっしゃるでしょうか?

昔はよく見かけましたが、最近はずいぶん見かけなくなって来ましたよね。経費の割に売れない事が多いので、やむを得ず撤退の判断をされているのが予想できます。百貨店の地下食品売り場では、試食販売をまだ見かけますが、対面販売されてる方は、メーカーの方ではなく、メーカーと契約した販売員さんが多いようです。

さて、商品の製造販売に携わる方は、ある程度マーケティングを利用しています。どんな方に買ってほしいか?ターゲットを定めます。

どんなターゲットが喜ぶ商品に設計していくのか?

男か女か?

10代? 20代? それとも50代?

普段、どんな価値観で生活している方か?

など、ターゲットが明確になればなるほど、その方が喜ぶようなデザインや品質に近づけて行けばいいので、商品の企画設計は進めやすくなります。

実際に商品を販売していくと、売行きや評判、POSデータなどでターゲットにどのように評価されているかは大雑把に掴むことができますが、生の声を直接聞く機会はなかなかありません。

実はこの「対面販売」がターゲットにしている方から直接声を聞くおおきなチャンスなんですよね。

販売数量を伸ばす目的の他に、「マーケティングリサーチ」の意味合いの大きいのが「対面販売」です。

だから、対面販売は営業マンだけでなく、商品企画する方が直接行うのが長期的には会社の力になります。

昔は、製造メーカーの社長の奥さんなどが、商店で店頭販売したりしていました。店頭販売をつづけていると常連顧客の考え方や商品選びが手にとるようにわかるので「そんな商品つくったって、あのお母さんは買わないわよ」と、よくわかっていたようです。

実はこれがリサーチの原点で、かゆい所に手が届く日本のものずくりの力になったんだと思います。

統計やデータに頼るマーケティングも良いですが、対面販売から得られる情報と掛け合わせることで、よりよいものづくりができると思います。

給与以外の報酬

おはようございます。@ukara91です。
10月24日(木)の職場の教養は「給与以外の報酬」です。

給与以外の報酬

 サラリーマンのTさんは、中堅クラスの管理職です。新入社員の研修担当として、自社の魅力について話をする機会がありました。
 「この職場で得られたことは何だろう」と考えをめぐらせた時、真っ先に思い浮かんだのは、給与を得て生活ができるようになったことでした。
 次に、様々な仕事を通して仕事の能力が向上したこと、また、仕事の成果が認められて、新たな仕事が与えられたことも思い出されました。
 さらに、お客様に感謝された時、チームで困難な事業を成功させた時など、仕事を通して多くの喜びが得られたものも大きな報酬だったと感じました。
 研修の担当になったことで、給与以外にも、多くのものを得たことに気づいたTさん。改めて仕事があることのありがたさを噛み締めたといいます。
 給与以外にも多様な報酬があることに気づいた時、それまでの働き方に厚みが増し、今以上の幸福感と豊かさを感じることができるでしょう。
 仕事を通して、人として成長できるような働き方をしたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養10月24日(木)「給与以外の報酬」より

<今日の心がけ>
働きの意義を見直してみましょう

給与以外の報酬 感想

 働いて初めて得た収入の事を覚えていますか?

 僕は高1の夏休みに行なった、土建業での5日間のアルバイト。新しくできるゴルフ場の地盤を固めるために、大きな石を手運びする人足のバイトで、体力の限界を感じた5日間でしたが、最終日の夕方にいただいた4万円はとても感動した事を覚えています。

 社員として働き始めた初めての仕事でも、バイトとは違い、重い責任とともにもらう報酬に感動した事と、社会参加を実感した事を覚えています。

 「仕事を通じて、感動する」という事がとても大切な事で、それが無くなったら、感動するように仕事を変えていき、それを会社でできないならば、副業や転職や、事業を起こすなど、自身の感動を継続することが大切だと実感しています。

 今日の職場の教養は「給与以外の報酬」ですが、感動も報酬に含まれます。
感動や経験という報酬も新鮮さを感じれなくなってきたら、積極的に自分から動いていくべきで、副業がスタートしやすいのかもしれません。

 動いてみることで、今の仕事を別の角度から見ることができ、新鮮さも取り戻せるかもしれません。
 

いくつになっても、人は動き続けていないといけないのでしょう。

食物を謹んでいただく

@ukara91です。
10月17日(木)職場の教養は「食物を謹んでいただく」です。

食物を謹んでいただく

 食物は、生命を維持するために必要不可欠なものです。普段、何気なく口にする一つひとつが、大自然の力や人の手を通して形となったものです。
 日本の主食である米は、土づくりから、種まき、田植え、稲刈り、精米と、長い月日に亘り、手間を惜しまず育て上げられています。米は、神事のお供えものとして、また様々な儀式や行事などともかかわりの深い存在です。
 食事の際に挨拶をする「いただきます」の「いただき」とは、頭上に乗せる意味を表した言葉です。神仏に供えた物を飲食する際や、上位の者から物を貰う際に、頂きかかげたことから、使われるようになったとされています。
 そこには、感謝の意味が込められているのです。私たちは、日々の食事にどれだけ感謝の気持ちを持っているでしょうか。職場での昼食は、仕事と時間に気を取られて、感謝の気持ちが薄れてたりしていないでしょうか。
 私たちは、日々の食事なくして生きることができません。豊かに実った穀物に感謝の心を向けて、食事をいただく習慣を身につけましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養10月17日「食物を謹んでいただく」より

<今日の心がけ>
豊かな食生活への感謝を深めましょう

 「食物を謹んでいただく」の感想

 日本では、食べ物に困ること無く生活できる環境なので、食べ物に感謝するにはそれなりに「きっかけ」が必要かもしれません。

「まずい」より「おいしい」方がいい。

「高い」より「安い」方がいい。

という程度のこだわりで、車にガソリンを入れるのと同じように、食べていれば大丈夫という感じで食べ物について考えがちです。

でも車と違って、僕たち人間の身体は、食べたもので出来上がっています。

食べたものの質が悪ければ、質の悪い身体になってしまいます。

見た目には分かりづらいかもしれないけど、「アレルギー患者の多さ」「ガンになる人の多さ」など、世界の中で日本に多いのは明らかに「食べ物」が原因だと思います。

僕もそれに気づいたのが、重度の花粉症に悩んだ事や、健康診断に引っかかり「糖尿病」の疑いから病院で検査を受け、「糖尿病予備群で、限りなく糖尿病に近い」と診断され、一生薬を飲まなければならないと診断されたことがきっかけです。

 診断されてから、食べ物や食生活の改善を考えましたが、あまり深刻にはかんがえませんでした。でも、薬を飲み続けて数週間経過した時の体調の悪さが深刻で、強烈な胸焼け・気分がとても憂鬱・なんだか死んでしまいたくなる。という状態になり、「このままではいけない!」と思い立ち、食べ物と食生活を見直し、薬を飲むことをやめることにしました。

食べ物は、できるだけ加工品を避け、自然な物を。
甘い物は一切控える。
薬は一切飲まない。
食べすぎ注意。

これを実践して3週間で、甘党な僕も甘いものを食べたいという欲求もなくなり、無理なく上記のこだわりで食生活をすごせるようになり、翌年の健康診断では「糖尿病の疑い」は一切なくなり、1年後には花粉症の症状も一切なくなりました。

今では、食べ物に気をつけなかった事が体調悪化の原因だったと確信し、できるだけ気をつけるようにしています。(多少の甘いものも今では大丈夫です)

今後も食べ物にはこだわり続けていきます。

小さな約束

こんにちは。@ukara91です。
本日10月14日(月祝)の職場の教養は「小さな約束」です。

小さな約束

 私たちの生活の中には、様々な約束事があります。例えば、車を運転する場合は道路交通法があり、社内には就業規則や各種規定が存在します。
法的な決まりは、守らなければなりません。しかし、私的な小さな約束は、案外疎かにしていないでしょうか。
 M氏がある日、妻と二人で食事に出かけた時のことです。何気ない会話の中で突然妻から、「結婚して二十年経つけれど、夜ご飯を家で食べると言っておきながら、結局、外ですませてきたことが何度もあったわよね」と言われたのです。
 M氏はこれまで、<家で夕食を食べる>と伝えておきながら、外で食べて帰ることが度々ありました。<たかが食事の約束くらい・・・>という安易な思いが、M氏にはあったのです。
 公私にかかわらず、約束を破ることは周囲の人や組織に迷惑をかけるだけでなく、時には人間関係の不和にもつながります。身近な人との小さな約束を忘れてしまったり、守っていなかったことがないか、再確認してみましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養10月14日「小さな約束」より

<今日の心がけ>
約束は厳守しましょう

 仕事の約束は大きな約束で、家族の約束は小さい約束なんてことは無いのですが、約束を守れなかった時に、家族は自分を責めてこない場合が多いので、ついつい仕事の方が大きな約束のように勘違いしてしまいます。
 仕事は、約束守れなかった場合に、迷惑を被る取引先や同僚からクレーム入る事が多いですが、家族は「仕事が忙しいんだな 仕方ない」とクレームを入れてくることは少ないですよね。
 でも、夕食を一緒に食べる約束をしていたら、そのために奥さんが料理をしたりして、自分の為に時間や都合を調整して待ってくれています。
 だから、遅れる事が確定したらすぐに連絡して、「時間に間に合わない」事を伝えるのは大切な事ですよね。
 「ちょっとすいません。帰れない事を奥さんに連絡させてください!」と仕事中に言うことは今の時代はOKだと思いますので、積極的に家族の約束も守りましょう。

支え合う

こんにちは。@ukara91です。
10月10日(木)の職場の教養は「支え合う」です。

支え合う

 私たちは普段、多くの人や物に囲まれて生活をしています。
 意識して周りを見てみると、その数の多さに驚きます。ペン一本、クリップ一つをとっても、自分だけで作り出せる人は、いないでしょう。
 会社では、上司や同僚、部下、目的を共有するチームなどに、相談し励まし合い、共に仕事に取り組む人がいます。
 家庭においてはどうでしょう。家族と一緒にくらしているとしたならば、その存在は心の支えになってくれます。
 一人暮らしであっても、近所の人と挨拶をした時、友人や知人と会話をする時、何気ない買い物の際に交わす言葉に、人とのつながりが感じられるはずです。
 私たちの働きも、どこかで誰かの生活を支えています。私たちの暮らしは、そうしたつながりが、連綿と続いてできているのです。
 「世のために、人のために」という誇りを持って、今日一日、朗らかに、喜んで働きましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養10月10日 「支え合う」より

<今日の心がけ>
支え合って生活しましょう

 縄文時代なんかは、男が狩りにでて女が料理や子育てをするぐらいの分業だったのでしょうけど、今は料理をする人、パソコンの部品を作る人、パソコンを組み立てる人、食べ物を作る人、食べ物を売る人、物を運ぶ人、病気を治す人、など、それぞれが仕事をすることで誰かの生活の役にたっているんですよね。
 自分の仕事も誰かの役に立っているんだと自覚する時、とても充実した気持ちになります。きっと脳内ホルモンがでてるんだと思います。

 仕事をしていると、失敗したり、自信を無くしてしまうことってあるとおもいますが、周囲にそういう人を見かけたら、誰かの役にたとうとして行動したからこそ失敗したんだ。行動しなければ失敗もないんだから、失敗も立派なチャレンジだといってあげたいですね。
 今、目の前のmacを使ってこのBLOGを書いていますが、このPC1つ出来上がるのにも何人の人が関わってるんでしょうかね。僕はPCづくりはできませんが、他の分野で自分にできることを頑張りたいと思います。

思わぬ出来事

こんにちは。@ukara91です。
10月9日(水)の職場の教養は「思わぬ出来事」です。

思わぬ出来事

 Mさんは、数年前に買った大型のソファーを処分することにしました。
 2階に置いてあるため、自分一人で降ろすことはできません。手伝ってくれる人も見当たらず、移動と処分は粗大ごみ処理業者に依頼しました。
 作業当日、Mさんは仕事だったため、妻に頼み家を出ました。その後、妻から、業者が誤ってソファーを落としたため壁がへこんだとの電話がありました。
 Mさんは、2階から降ろして処分してくれるだけでありがたいと思っていました。業者に電話に出てもらい、誰にも怪我がなかったことを確認しました。
 Mさんは、まずはソファーを運んでくれたことに対して、お礼の言葉を言ったのです。そして壁の修理の件は、後日、話し合うことを伝えました。
 どのようなケースでも、業者に落ち度がある際には、請求することは請求して然るべきでしょう。
 大切なことは、不本意な事態に遭った時、感情に左右されず、Mさんのように落ち着いて処置をすることです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養10月9日「思わぬ出来事」より

<今日の心がけ>
冷静に対処しましょう

 思わぬ出来事 感想

 思わぬ出来事って、ある日突然不意にやってくるので、びっくりして、感情的になってしまいがちですよね。
 Mさんのように、なかなか冷静な判断はできないものです。
 壁を壊してしまった業者の方も、奥さんから電話を渡された時には「怒られる」と覚悟していたと思います。ところが、Mさんから怪我の心配をされて、嬉しかったと思います。壁を壊してしまった事は事実としても、電話で怒られたらその場にいた奥さんと業者も気まずい雰囲気になったでしょうけど、Mさんの対応により、よい雰囲気で業者は引き上げることができたし、奥さんもMさんにますます信頼を寄せたことでしょう。
 不意にやってくる「思わぬ出来事」にも冷静に対応できるようになるには、日々の出来事にも論理的な思考で対応していく事が大切だと思います。
 Mさんを見習いたいですね。

心のベクトルを反転させる

こんにちは。@ukara91です。
10月5日(土)の職場の教養は「心のベクトルを反転させる」です。

心のベクトルを反転させる

【2019年11月01日発売】 任天堂 Nintendo Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ[ニンテンドースイッチ ライト 本体 ゲーム機]

 何かをした際、それを振り返り、「あの時、◯◯をしなければ失敗しなかった」「こうすればよかったかもしれない」と後悔することがあります。
 ある日の午前中、A子さんが、お客様にお茶を出した時のことです。その際、お客様にぶつかって、スーツにお茶がかかってしまいました。その日の午後は、その後悔を引きずってしまい、ミスが続いてしまいました。
 そのようなA子さんに先輩は、「失敗は次に活かせばいい。過去の出来事をやり直すことはできないけれど、今からやり直すことはできるよ」と言いました。
 一つのミスを気にしていたA子さん。先輩のひと言から、<午前中よりも良い接客をしよう>と気持ちを切り替えると、活力が少し湧いてきたのです。
 後悔と反省では、心のベクトルの向きが違います。過去を振り返った時、後悔するばかりでは、前には進めないでしょう。
 たとえミスしてしまっても<挽回するにはどうしたらよいだろう>と前向きに考えて、今日から、前を向いて再スタートしましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養10月5日「心のベクトルを反転させる」

<今日の心がけ>
心をプラスに切り替えましょう

心のベクトルを反転させる 感想

ああ正負の法則 [ 美輪明宏 ]

 失敗してしまう事は誰にでもありますが、それを人のせいにする人と、自分のせいだと反省する人に別れます。
 物事には必ずプラスとマイナスが同じ分量混在していますが、人のせいにして反省した場合は、「失敗のマイナス」と「人のせいにして助かった(ほっとした)プラス」でバランスが取られています。
自分のせいにして反省する場合はどうでしょう?
「失敗のマイナス」と「反省して、どうして失敗したか理解して成長したプラス」と考えることができます。
 失敗した時に、無理にプラスになろう!と心がけなくても、自然にプラスの方向に働くという感覚を持ちながらしっかり自身と向き合う事が大切です。

この「正負の法則」の感覚を身に着け、人生を楽しんでいきましょう。



努力の先に

こんにちは。
10月4日(金)の職場の教養は「努力の先に」です。

「努力の先に」

 「努力精進」という言葉があります。
 「努力」という言葉は、辞書に「目標実現のため、心身を労してつとめること」、「精進」とは「一所懸命に努力すること」と記されています。
 人は、たゆまぬ努力と精進を重ね、知恵や知識、経験などを蓄積してきました。今日の文明は、個々の努力というベースがあり、多くの人の力によって、人類文明が繁栄してきたといえます。
 倫理研究所の創設者である丸山敏雄は自著「万人幸福の栞」の中で、「運命は自らまねき、境遇は自ら造る」と記し、文末に「努力がすべてである。やれば出来る」という言葉で締めくくっています。
 多くの人は「こうなりたい、何かを成し遂げたい」という願望をもっていても、なかなか行動に移せないものです。
 本当にそうしたいのであれば、その目標に向かって、迷うことなく、たゆまず努力を続ければよいだけです。「やれば、出来る」を合言葉にしてみませんか。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養10月4日「努力の先に」より

<今日の心がけ>
諦めずに努力を続けましょう

努力の先に 感想

楽天トラベル

 「努力」とか「精進」という言葉は、汗水たらして、効率的ではない方法で物事に取り組むような意味だと勘違いして、結構嫌いな言葉でした。
 
でも今の時代になるまでの先人の努力はさすがに解るようになってきて、「努力」と「精進」がなければ僕たちの今の生活は無いと実感し感謝しています。

今は、ネットでいろんな情報にアクセスできるので、「無駄な努力」をする必要がなくなりました。自分と同じ目標を既に達成した人の体験談や、失敗談。さらにSNSを使用してその人達に直接質問できたりと、分からない事のほとんどはネットから参考例や答えを得ることができます。
これは、みんなが成功するための情報といえます。

それでも、「成功する人」「しない人」に分かれるのは、「行動する人」と「しない人」の差。目標実現の為に、立ち止まってじっくりと計画を練ってるようだと、時代のスピードに追いついていけないので、「まずは動く!動きながら考えて、ちょっと違ったら進めながら修正かけていく」というのが現代風の努力なんだと思います。

「一つ」に向かって

こんにちは。@ukara91です。
9月30日(月)の職場の教養は「一つに向かって」です。

「一つ」に向かって 内容

ラグビーのルール 超・初級編【電子書籍】[ 中野良一 ]

 九月二十日から十一月二日にかけて、アジア地域では初めての「ラグビーワールドカップ」が日本で開催されています。
 ラグビーの競技精神として、「One for oll,All for one」という英語が広く知られています。一般的には、「一人はみんなのために、みんなは一人のために」と訳されていますが、この内容には諸説あるようです。
 元ラグビー日本代表監督の故・平尾誠二氏は、後半のoneは「一人」ではなく「勝利」であるとし、「一人はみんなのために、みんなは勝利のためにというのがラグビーでは大切だ」と訴えていたそうです。
 これを仕事に置き換えた時、後半のoneは会社の目的、または目的を実現するための目標と捉えることができるでしょう。一人ひとりの技術や発想、能力は、一つの方向性を共有すると、ますます力を発揮し得るものです。
 世界レベルのラグビーの試合を観戦する中で、自社の目標や社内での自分の役割について考えるきっかけを得たいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養9月30日「一つに向かって」より

<今日の心がけ>
一人ひとりの力を一つに合わせましょう

「一つ」に向かって 感想

アディダス adidas オールブラックス 日本限定キャップ ALL BLACKS ラグビー 帽子 CAP キャップ サポーター 2019秋新作 得割20 FYO18

「One for oll , All for one」という言葉を聞くと自然と「スクールウォーズ」を思い出し、麻倉未稀の「ヒーロー」という主題歌を思い出します。

麻倉未稀「ヒーロー」⇣⇣⇣

https://youtu.be/iMu2g9UrbQ4

 「一人はみんなのために、みんなは一人のために」という言葉は、スクールウォーズの効果もありとても胸に染みています。でも、「みんな一体となって」のように誤解されてしまうことも多いです。
 例えば一つのチームがあるとします。それぞれ一人ひとり個性があり違う人間です。これを絵の具だとします。

 「絵の具の色をすべて混ぜて一つの色にする」ことを「みんな一体となって」と勘違いしてる人がとても多いのですが、全部混ぜるとどんな色になると思いますか?→ちょっと赤みのある灰色になります。

https://ameblo.jp/syumi2/entry-10019621064.html

随分きったねー色ですよね。
それぞれが個性のあるキレイな色だったのに、一緒(一体)にしてしまうとこんな事になります。12色の絵の具でも24色のでもほぼ同じような色になるようです。
「みんな一体となって」→「みんな同じ考え方でまとまって」という考え方ではこんな色になってしまいます。リーダーがこの考え方だとその下にいる人達からはやる気が失せてしまうでしょう。

 一体となるのではなく、それぞれの色(個性)が力をあわせるという事が大切ですよね。

 考え方が違っても、同じ方向を向くことはできます。
それぞれの発色を保ちながら勝利に向かって歩みをすすめるチームって素敵ですよね。

今日は一日中、麻倉未稀を聞いてしまいそうです。