職場の教養 感想3月7日(日)「プレゼントのお返し」

おはようございます。@ukara91です。
3月7日(日)「プレゼントのお返し」です。

プレゼントのお返し

 日本では、バレンタインデーの返礼の日として、三月十四日がホワイトデーと認識されています。
 Mさんは、バレンタインデーのお返しを買いにデパートへ行きました。店内には、菓子、ハンカチ、花など、様々な物があり、Mさんは<何がよいだろう>と思案していました。
 「何かお探しですか?」と声をかけてくれた店員に事情を話すと、「返礼品のお菓子には色々な意味があるといわれています」と教えてくれました。
 なかでも、昭和五十二年、老舗の菓子屋がバレンタインデーのお返しとして提案したチョコの入ったマシュマロは「頂いた物を柔らかく包んで返す」という意味があり、マシュマロの白から「ホワイトデー」という名称になったそうです。
 思いがけず、ホワイトデーの起源を知ることになったMさん。人に物を贈る際は儀礼的に済ませるのではなく、相手のことをよく考えて選ぼうと思いました。
 さらに、日頃の感謝の思いを込めて贈りたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月7日(日)「プレゼントのお返し」より

<今日の心がけ>
感謝の気持ちを込めましょう

プレゼントのお返し 感想

人に感謝の気持ちを伝えたりする事が苦手な人は多いです。
そういう人のために、「感謝の気持ちを伝えるキッカケの日」としてホワイトデーがあると思うと、とてもありがたい日に感じますよね。

チョコをお返ししたり、クッキーをお返ししたりとかいうのはそんなに気にせず、相手の事を考え、相手の何に対して感謝しているのかを考え、相手が笑顔になりそうな物をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

たくさんの人からプレゼントをもらいそうな相手の場合、自分と同じものをたくさんもらって「困らないかな?」など、相手の状況が人は聞いてみればいいですが、相手の状況がわからない場合は、「困らないかな?」などの余計な事は考える必要はありません。

相手の事だけ考え、感謝の気持ちを伝えてみましょう。

職場の教養 感想3月6日(土)「一着のジャンパー」

おはようございます。@ukara91です。
3月6日(土)の職場の教養は「一着のジャンパー」です。

一着のジャンパー

 東日本大震災から、まもなく十年になります。
 Aさんは震災後、長い間、避難所生活を続けていました。その時に助けられたのが、一着のジャンパーでした。それは、全国各地から届けられた救援物資の中から、いただいたものです。
 三陸の海岸は風が強く吹き、体感温度が一気に下がります。そのような中、ジャンパーが寒さからAさんを守ってくれたのです。
 いつの頃からか、Aさんはこのジャンパーに対して、毎朝「ありがとうございます」と声をかけるようになっていました。
 挨拶を続けているうちに、顔のわからない送り主とつながっているような感覚を覚えました。そして、「一人じゃない」と心に灯(ひ)がともったような気持ちになり、元気と勇気が湧き上がってきたのです。
 孤独や孤立は、心の元気を奪いますが、良きつながりは心を温めて、そして強くしてくれます。改めて、人との絆を大切にしたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月6日(土)「一着のジャンパー」より

<今日の心がけ>
人とのつながりを大切にしましょう

一着のジャンパー 感想

一着のジャンパーは、物理的にはただの布切れの組み合わせです。
しかし、人は想像力によって、そのジャンパーが送られてきた背景や、支援してくれる人の応援を前向きに想像することができ、それが自身の心を強化してくれます。

「想像」なのですから、それは自由にコントロールできるはずです。

何事も前向きな想像をすることで、人生は明るく開け、他人の人生にも良い影響を与えていくのではないかと思います。

被災した方は10年前、本当に大変な思いをしましたね。
その経験は今、どんな風に役立っていますでしょうか。
10年の一区切りの時に、一度自身を見つめ直し、また前向きに一歩進んでいきましょう。

職場の教養 感想3月5日(金)「サンゴの日」

おはようございます。@ukara91です。
3月5日(金)の職場の教養は「サンゴの日」です。

サンゴの日

 本日、三月五日はサンゴの日です。「三五(さんご)」の語呂合わせと、サンゴが三月の誕生石であることから、平成八年に世界自然保護基金によって制定されました。
 サンゴ礁の面積は地球表面の0.1%ほどですが、二酸化炭素を吸収して酸素を作ったり、海を浄化するなど大切な働きをしています。また、海洋生物の生息地であるため豊かな漁場となり、私たちの食生活に潤いを与えてくれます。
 そのサンゴ礁が、沿岸開発、海洋汚染、森林伐採や農地開発に起因する表土流出などにより、危機的な状況に陥っています。
 サンゴ礁を守るため、私たちにできることは、川や海を汚さないように努めることです。また、サンゴ礁と共に地球を守る行動をとっていきましょう。
 例えば、<水や電気を節約する><ゴミのポイ捨てをしない><紙を大切に使う><植物を植える>など、日常生活の中でも環境を保全することはできます。
 海や山の恵みによって私たちの生活は営まれています。小さな環境保全でも継続して行ない、美しい地球や自然への感謝の念を深めたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月5日(金)「サンゴの日」より

<今日の心がけ>
環境保全に取り組みましょう

サンゴの日 感想

環境保全に取り組むのは良いことですが、本当に環境はこわれているのか?等自分で調べる事も重要です。

サンゴ礁は二酸化炭素を吸収し酸素を作りますが、人間は逆に酸素を吸収し二酸化炭素を作ります。人と、サンゴ礁等の植物は共生関係といえます。共生関係であるなら、人はどんどん二酸化炭素をだすことが、サンゴ礁を育てる行為とも言えます。

環境を考える時、本当に今何が地球に起きているのか?をしっかり見極めることが必要だと思います。

職場の教養 感想3月4日(木)「春夏秋冬」

おはようございます。@ukara91です。
3月4日(木)の職場の教養は「春夏秋冬」です。

春夏秋冬

 明日は二十四節気の一つ、啓蟄(けいちつ)です。啓蟄とは「冬ごもりの虫が地中から、はい出ること」を表わし、春の季語としても使われます。
 人間のように年間を通じて活動する生き物とは別に、寒い冬は地中や水底(みなそこ)、穴倉(あなぐら)でじっとして越冬する生物もいます。
 人の人生を季節にたとえると、逆境の寒々しい冬の時期があれば、それを乗り越え、暖かな光が差す春のような時期、万事情熱的に運ぶ夏のような時期、秋のように穏やかな時もあるでしょう。
 どのような状況でも一喜一憂せず、四季の巡りのように受け入れることが必要なのです。
 「夜になったといって、だれが悲しむ者があるか。休みの時がきたのだ、すでに明朝が近づいたのだ。必ず明日(あす)がくる」という言葉があります。
 夜があるから朝があります。冬があるから夏があるのです。朝も春も必ずやってきます。冬ごもりのような時ほど、「必ず春は来る」と心したいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月3日(木)「春夏秋冬」より

<今日の心がけ>
春に向けて気持ちを切り替えましょう

春夏秋冬 感想

「春夏秋冬」。人生も季節のように巡るものだと多くの先人が示唆してくれています。
この言葉の本質は、皆平等に「春夏秋冬」が巡ってくるというものだと思います。

あの人の人生は「春ばかり」という事はなく、たまたま春に見える部分が目立つだけで、冬の厳しさをたくさん経験したからこそ「春ばかり」に見える時があるのでしょう。

今が苦しい冬のように感じるなら、しっかりと乗り越えた先に必ず春が来るという合図です。冬には虫や動物は籠もります。人も籠もるのに最適な時期なのかもしれません。

籠もるといっても動物のように冬眠するわけではなく、自身の心としっかりと向き合うという意味での「籠もる」です。

心の中をしっかりと棚卸しして、来たるべき春に備えてみてはいかがでしょう。

職場の教養 感想3月3日(水)「健やかな成長を願って」

おはようございます。@ukara91です。
3月3日(水)の職場の教養は「健やかな成長を願って」です。

健やかな成長を願って

 本日は雛祭りです。女児のいる家庭では雛人形を飾り、菱餅や桃の花、白酒などを備えて祝うのが一般的です。
 上巳(じょうし)の節句ともいい、中国から伝来した五節句(ごせっく)の一つです。昔、中国では三月上旬の巳(み)の日に、水辺で穢れを清める風習がありました。また、三月三日に香りの強い桃花酒(とうかしゅ)を飲むと、病を除き若さを保つことができるといわれていました。
 これらの風習が、日本ならではの行事へと変化していきました。日本にも、禊(みそぎ)の行事がありました。また、罪や穢れを紙の人形に移して水に流すという風習があり、鳥取県の流し雛(ながしびな)など、各地にその習わしが残っています。
 この人形が、現在の雛人形の元になっているといわれています。雛祭りには、子供の健やかな成長を願う先人の祈りが込められています。時代によって変化をしながら脈々と受け継がれ、現在の形になっているのです。
 表面的な形式だけを見るのではなく、伝統を紡(つむ)いできた先人の思いにも心を向けたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月3日(水)「健やかな成長を願って」より

<今日の心がけ>
伝統文化の由来を知りましょう

健やかな成長を願って 感想

雛人形は、陰陽道に通じるような効能があるのかもしれませんね。
紙の雛人形は穢れを吸い取り使い捨てされますが、しっかりした雛人形は一年の穢れを吸い取り、また翌年にも使用でき、永遠に使えます。

伝統文化には必ず意味があります。
意味を知った上で、文化を継承していきたいものですね。

職場の教養 感想3月2日(火)「春を迎える前に」

おはようございます。@ukara91です。
3月2日(火)の職場の教養は「春を迎える前に」です。

春を迎える前に

 四人家族のNさんの家の玄関には、いつも靴が出しっ放しになっています。
 子供たちが成長して靴のサイズが大きくなり、種類も増えて、収納棚(しゅうのうだな)に入りきらないことも原因のようです。
 Nさんは、寒さの緩んだ休日に意を決し、家族のすべての靴を出してみました。
全部並べると、五十足(ごじゅっそく)もありました。その中には、サイズの合わなくなった子供たちの靴や、Nさんが何年も前に履いていた靴などもありました。
 さっそく、一足一足点検して、サイズが合わなくなったものは、リサイクルに出すことにしました。そして、捨てるものには<今までありがとう>と感謝して、ごみ袋に入れました。
 すべての靴を選別して、一つひとつ棚に戻していくと、すっきり収納棚に靴が収まるようになったのです。
 春を迎える前に玄関がきれいに片づき、心もさっぱりしたNさん。今後は家族にも協力をしてもらい、このきれいな状態を保っていくことを決めたのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月2日(火)「春を迎える前に」より

<今日の心がけ>
持ち物を点検し整理しましょう

春を迎える前に 感想

年末の大掃除の他に、年度末にも整理整頓したいですね。
進級、進学、就職、転職、など心機一転することの多い時期です。

心機一転のような変化がないとしても、自分の周囲の物を整理整頓したりして、整理整頓してみてはいかがでしょうか。
軽やかな気持ちで春のスタートをきることができると思います。

職場の教養 感想3月1日(月)「灯台下暗し」

おはようございます。@ukara91です。
3月1日(月)の職場の教養は「灯台下暗し(とうだいもとくらし)」です。

灯台下暗し

 「灯台下暗し」という諺があります。
 灯台とは燭台(しょくだい)のことです。燭台は周囲を明るく照らしますが、その直下は影になって暗いことから、「人は身近なことには気がつかない」ことを意味します。
 職場の同僚など、身近な人のことをよく知っているつもりが、実はわかっていなかったという経験はあるものです。
 <あの人は、きっとこうに違いない>と決めつけると、相手のことをわかっているような感覚に陥ります。それにより、自分に都合のよいように想像してしまい、相手を誤解して、対人関係に問題が生じることもあるでしょう。
 こうしたことを防ぐには、思い込みを捨てることです。そのためには、先入観にとらわれず、ありのままの相手を見ることが大切です。
 表情や行動などから相手を知ろうとするうちに、今まで知らなかった考え方や仕事への取り組み方が見えてくるでしょう。
 その上で、自分は相手とどのように付き合えばよいのかも気がつくはずです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月1日(月)「灯台下暗し」より

<今日の心がけ>
思い込みを捨てましょう

灯台下暗し 感想

灯台下暗しとは、うまい例えですね。
確かに、少し離れた人はよく見えるし、普段からそんなに身近ではないので、悪い所もよく見えない。

でも身近な人の場合、よくわかっている筈だけど、近すぎるから悪い部分ばかりが勝手に意識してしまい、良い部分を凌駕して、その人をキチンと見れなくなってしまうんですよね。

身近な相手の足元の影の正体は、見る側の我々の意識が作り出しているようです。

灯台下暗し。相手を見るときには肝に銘じていきましょう。また、自分の足元が暗くみられないように、正直でまっすぐに相手と接して行きましょう。

職場の教養 感想2月28日(日)「自然を愛でる」

おはようございます。@ukara91です。
2月28日(日)の職場の教養は「自然を愛でる」です。

自然を愛でる

 日本は四季がハッキリしています。農作物を作り、日常生活を送る上で季節の移ろいを敏感に感じとることを、昔から大切にしています。
 そこで、太陽の動きを基に一年を二十四等分して季節を表す、中国伝来の二十四節気が用いられるようになりました。「立春」「春分」「立夏」「夏至」「立秋」「秋分」「立冬」「冬至」などは、よく知られています。
 季節の変化を詳細に表わすため、後に、二十四節気の各節気をそれぞれ三つに分けた七十二候(ななじゅうにこう)も作られました。
 七十二候は主に動植物の様子を短い文で表せます。「立春」を過ぎた頃は、春の訪れを感じる「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」、五月初旬の「立夏」の頃は、初夏を知らせる「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」など、それぞれの季節の様子が表現されています。
 二月の下旬の今頃は、草木が芽吹き始める頃の意味で「草木萌動く(そうもくめばえいずる)」と表わされます。春夏秋冬の移ろいや自然の恵みを感じながら、巡りくる季節を穏やかに迎えたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養2月28日(日)「自然を愛でる」より

<今日の心がけ>
季節の移ろいを感じ取りましょう

自然を愛でる 感想

自然は毎年毎年循環してくれています。
その循環を見て感じる我々は毎年成長しているので、昨年と同じ季節の同じ時期に起きる減少も少しづつ違って感じます。

きっと小さい頃は自然の中の一部として、生きていて、物心ついてから働き盛りの頃は自然に目が行かず、人との対応に必死です。

ある程度社会で必死に働く時期から一定の距離をおけるようになると、また自然に目を向ける余裕が生まれてくるのかもしれません。

農業など、自然と常に一緒にいる仕事でも、「愛でる」という感覚ではなく「仕事」として農作物と触れ合っているのではないでしょうか。

自然を愛でるという感覚のある、心の余裕のある人になりたいものです。

職場の教養 感想2月27日(土)「三人の石工」

おはようございます。@ukara91です。
2月27日(土)の職場の教養は「三人の石工」です。

三人の石工

 仕事に対する認識について、経営の神様と呼ばれるピーター・ドラッカーは著書『マネジメント』において、次のように記しています。
 「三人の石工の話がある。何をしているかを聞かれて、それぞれが『暮らしを立てている』『石切りの最高の仕事をしている』『教会を建てている』と答えた」。
 同じ仕事に取り組んでいても、その捉え方は三者三様であることを例示しています。ドラッカーは著書の中で、「三人目の石工がマネジメントの人間である」と評しているのです。
 それでは、「何のためにその仕事をしているのか」と問われた時、自分ならどのように返答するでしょうか。
 まずは「自身に与えられた仕事が会社や組織の目標とどのように繋がっているのか、売り上げや生産性にどのように貢献するか」を考え直してみましょう。
 一人ひとりが自身の仕事の目的や企業の目標をしっかりと認識した時、団結力が深まると共に、より良い成果になって表れるものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養2月27日(土)「三人の石工」より

<今日の心がけ>
仕事の目的を明確にしましょう

三人の石工 感想

「なんの為に仕事をしていますか?」と問われたら何と答えますか?

「生活のため」「お金のため」「なんとなく」

という答えが多いように思います。
「生活のため」と「お金のため」は同じ意味です。

「生活のため」という目標のもとに、多くの社員が集まったら、その組織はどうなっていくでしょうか?「お金になれば何でもいい」では、人格の異なる社員毎の価値観のち外から組織の統一感が発揮されず、場当たり的で非効率な組織になってしまいがちです。

組織で仕事を継続して行くためには、共通目標が必要で、それを実現するためのプランも立てていき、組織に価値観と、それを実行するための方法について意志の統一が必要です。

混迷の時代だからこそ組織のミッションを明確にし、それをマネジメントできる人材を育てて事業を遂行していく管理力が必要です。


職場の教養 感想2月26日(金)「実行に移してこそ」

おはようございます。@ukara91です。
2月26日(金)の職場の教養は「実行に移してこそ」です。

実行に移してこそ

 人生の中で、学ぶ機会は数多くあります。
 本を読むこと、セミナーなどに参加することもその一つです。自らお金を出して学ぶこともあれば、会社の指示で研修を受けることもあるでしょう。
 ホテルで接客を担当しているAさんは、会社の指示でマナー研修を受講しました。講師から教えられる内容は、ホテルマンであれば知っていることばかりで、真剣に聞けませんでした。
 その一ヶ月後、Aさんは上司から「研修を受けたのに接客に心が入っていない。お客様が何を求めているかを考えてみて」と注意を受けました。
 学んだだけで実行しないのでは、理解したとはいえません。学んで得た気づきは日々行動に移してこそ理解は深まり、自身のスキルを向上します。
 Aさんは、マナー研修で講師から配布された資料に再び目を通しました。できていない箇所にチェックを入れ、毎日繰り返し取り組んだ結果、お客様から「ありがとう」と言われる回数が増え、上司の評価も変わったのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養2月26日(金)「実行に移してこそ」より

<今日の心がけ>
学んだことは実行に移しましょう

実行に移してこそ 感想

「学ぶ事」は何の為にするのでしょうか。
学んだことが、何かの役に立たなければ学ぶ事に意味はありません。

学んで(in)得た知識はoutputする事で初めて価値が高まり、outputする事でますます本物の学びを得たくなり、相乗効果が生まれるものなのかもしれません。

しっかりと学びを溜めてからアウトプットするのではなく、少し学んだら少しアウトプットするぐらいの感覚で、常にアウトプットを意識していきましょう。

インプットよりアウトプットが多い方が、結果的に学びが深まっているような気がしています。