職場の教養 感想11月28日(土)「失敗からの学び」

おはようございます。@ukara91です。
11月28日(土)の職場の教養は「失敗からの学び」です。

失敗からの学び

 「失敗」という言葉を国語辞典で調べてみると、「やってみたが、うまくいかないこと」「しそうなこと」「やりそこない」などの言葉が並んでいます。
 不動産会社に勤めるAさんは、うっかりしたひと言で住宅オーナーを怒らせてしまい、4ヶ月にわたって進めてきた商談が白紙に戻ってしまいました。
 帰社して、上司に報告すると、注意を受けました。その後に「よく報告してくれた。お客様からの信頼があって仕事をさせていただいている。隠さないことが大事だよ」と教えてくれたのです。
 失敗は、「恥ずかしいもの」「自分の評価が悪くなる」と思いがちですが、隠した失敗によって会社の信頼をなくし、取り返しのつかなくなる場合もあります。
 失敗した時は、真正面から向き合い、その原因を踏まえて反省し、方策を立てて初めて学びを得ることができます。
 幾重に策を講じても、失敗してしまうことがあるかもしれません。その際には、素直に謝罪し、然るべき行動をとって、多くの学びを体得していきましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月28日(土)「失敗からの学び」より

<今日の心がけ>
失敗の経験を活かしましょう

失敗からの学び 感想

「失敗した時は、真正面から向き合い、その原因を踏まえて反省し、方策を立てて学びを得ることができる」という言葉が失敗への対応のすべてだと思います。

そうやって失敗に対応を重ねていくと、やがて「敗けを失う」ことになります。
失敗は人の成長の源なのでしょうね。

職場の教養 感想11月27日(金)「目標に向かって」

おはようございます。@ukara91です。
11月27日(金)の職場の教養は「目標に向かって」です。

目標に向かって

 令和二年も終盤に差しかかりました。年初に立てた部署や個人の目標に向かってやるべきことを継続し、ゴールが見えてきた人もいるでしょう。
 一方で、目標に届きそうにない人には焦りが出てくる頃かもしれません。焦っていると物事を冷静に判断できなくなります。
 まずは、なぜその目標を立てたのか、初心を振り返ってみてはいかがでしょうか。そうすることで、当初の気力が蘇り、再び自身のやるべきことが明確となり、その達成へと向かって行けるでしょう。
 また、どのように行動を変えれば達成できるのか、計画を立て直すという方法もあります。日々の業務を見直しながら着実に歩を進め、最善を尽くして目標へと進みましょう。
 一年を締めくくる時が来るまでには、決して諦めないことです。たとえ目標に到達しなかったとしても、継続してきた努力や行動は、必ず来年へとつながることでしょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月27日(金)「目標に向かって」より

<今日の心がけ>
目標を持ち続けましょう

目標に向かって 感想

本当に年末が近づいて来ました。目標の検証はしっかり行っていきましょう。
目標にまったく届いていない場合は、目標の設定に問題があります。他人や組織の圧に負けてつくった目標ではなく、自身一人でしっかり考えて定めた目標を定める事が大切です。(組織に従事している方は、本音と建前の2つの目標でもよい)

本音の目標に対して、毎日の生活でどれだけ目標を意識した時間を作れるか。また、その時間の質はどうか?をしっかりと見つめて改善していく事が大切です。
それすらも面倒な場合は、目標を低くして再度進めてみましょう。

少しづつ前進している実感が湧くと、目標に向けての歩みが早くなっていきます。
一歩づつしっかりと前進していきましょう。

職場の教養 感想11月26日(木)「健康管理の一工夫(ひとくふう)」

おはようございます。@ukara91です。
11月26日(木)の職場の教養は「健康管理の一工夫」です。

健康管理の一工夫

 最近、体重が増えたせいか、つかれやすくなってきたFさんは、運動を始めようと決意しました。しかし、仕事の忙しさから、そのための時間が作れないことを理由にして、行動に移せないでいました。
 そのようなある日、職場の同僚が「今日は一万歩も歩いたぞ」と、スマートフォンを見ながらガッツポーズをしていたのです。
 詳しく尋ねたところ、そのスマホには、一日の歩数を管理できる機能があり、それらのデータを一ヶ月ごとに記録できることを知りました。
 自分の使用しているスマホにも動揺の機能があることを知ったFさん。一日の目標歩数を一万歩として、歩く機会を増やしていきました。夕方になって目標歩数に達していない時は、自宅まで遠回りしながら歩くなど工夫をしています。
 病気の予防には、主に食事、睡眠、運動が有効といわれています。働き手一人ひとりが健康で働けることは、会社の支えにもなります。自己管理方法を自分に合うよう工夫して免疫力を高めて、日々健康を保ちたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月26日(木)「健康管理の一工夫」より

<今日の心がけ>
日頃から健康管理を意識しましょう

健康管理の一工夫 感想

日々の生活を管理するというのはとても難しい事です。
しかし、朝・昼・夜の食事のように、習慣化してしまうと管理も必要ありません。

食事は習慣化しているのに、運動が習慣化されていなければ健康管理は無理なのではないかと思います。

週に数回運動をするとか曖昧な「管理」ではなく、毎日苦にならない程度の運動を朝食後に行うとか、夕食後に行うなどして習慣化してしまう事をオススメします。

例えば夕食後の散歩を習慣化できて、それでも運動不足の場合は、夕食後の散歩の時間を少し増やすなんて事はまったく苦になりません。そうやって習慣をコントロールする事が健康管理の秘訣です。

「運動の習慣化」これだけを実行していきましょう。

職場の教養 感想11月25日(水)「聞きなれない用語」

おはようございます。@ukara91です。
11月25日(水)の職場の教養は「聞きなれない用語」です。

聞きなれない用語

 最近は、聞きなれない専門用語や業界用語が増えてきました。
 たとえば、出版業界では振り仮名をルビ、校正原稿をゲラと呼ぶように、それを知ると新しい興味が広がるでしょう。
 Iさんは、虫歯予防のため定期的に歯科医院で検診を受けています。ある日、医師から「左下の奥歯が動揺していますね」と言われました。「動揺」という言葉だけに耳をとめたIさんは、「別に動揺なんてしていませんよ」と答えました。
 すると、医師は、「歯がグラグラしていることを、歯科の世界では動揺していると言うのですよ」とやさしく教えてくれたのです。
 Iさんは<「動揺」という言葉をそのように使う場合もあるのか>と驚き、気持ちが揺れ動く意味だけではないことを初めて知り、恥ずかしくなりました。
 帰宅して、娘にその話をすると「お父さん、知らなかったの?」と言われたIさん。大人になって歳を重ねても、知るべきことがまだあるのだと学んだのです。
 新しい言葉やその意味を進んで調べ、視野を広げていきましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月25日(水)「聞きなれない用語」より

<今日の心がけ>
語彙(ごい)を学び視野を広げましょう

聞きなれない用語 感想

聞きなれない用語はたくさんありますよね。業界の専門用語だけではなく、若者が生み出した新語もそうです。

聴きなれない用語に出会った時には、「それってどういう意味ですか?」など、直ぐに言葉の意味を確認し、相手の言いたいことを正しく認識しましょう。そして、「なるほど、その言葉はそういう使い方ができるのかぁ〜」などと、自分の知らない言葉の使い方についての感想を述べながら会話することで、聴きなれない用語を自分で使えるようになると、自身の表現力が豊かになっていくと思います。

歳を重ねても、新しい言葉の使い方を吸収できている人って、若くて、とても素敵に感じます。

職場の教養 感想11月24日(火)「両親への感謝」

おはようございます。@ukara91です。
11月24日(火)の職場の教養は「両親への感謝」です。

両親への感謝

 プロ野球の千葉ロッテマーリンズ、和田康士朗(わだこうしろう)選手は育成選手枠で入団しました。<失敗が許されない>と、練習で自らを追い込み、ラストチャンスの一年と決めた本年6月、その努力と実力が認められ、支配下選手枠を勝ち取ったのです。
 和田選手は、ケガの影響から高校時代は野球部には所属せず、クラブチームに所属して自身を磨きました。卒業後は、日本の独立リーグを経由して入団という移植の経歴を持ち、「何度も心が折れそうになった」と回想しています。
 実家に帰った際も、「もうだめかもしれない」と母親に弱音を吐きました。厳しい叱咤を覚悟していましたが、「中途半端にならないように、悔いの残らないように」とエールを贈られ、母親の優しさが心に刻まれたといいます。
 和田選手は、育ててくれた両親への感謝を感じることで、<誰かが自分を見てくれている>との思いが込み上げて、一軍での選手生活をスタートさせたのです。
 職場においても先輩や同僚、そして両親や家族が自身を見守ってくれているとのエールを感じながら、自己の成長の壁を打ち破っていきたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月24日(火)「両親への感謝」より

<今日の心がけ>
感謝を自らの力に変えましょう

両親への感謝 感想

自分の存在や行動は、必ず誰かが見てくれているものです。
常にその「目」に感謝しながら、よい行動で応えていきたいものですね。

職場の教養 感想11月23日(月)「謙虚に学ぶ姿勢」

おはようございます。@ukara91です。
11月23日(月)の職場の教養は「謙虚に学ぶ姿勢」です。

謙虚に学ぶ姿勢

 古くから伝えられてきた技術や芸能などにおける手法を「流儀」といいます。
 職場にも流儀をもって業務に臨む人がいるでしょう。しかし、流儀にこだわりすぎると、自分本位の頑なな姿勢に陥ってしまうことがあります。
 室町時代の申楽師(さるがくし)の世阿弥(ぜあみ)は、申楽の芸術論を述べた秘伝書「風姿花伝(ふうしかでん)」に、「上手は下手の手本、下手は上手の手本なり」と記しています。
 職場にたとえるなら、上司が部下の手本になるということは、これまでの勤務年数や、人生経験などからいっても、当然そうあるべき姿といえるでしょう。
 「風姿花伝」ではさらに、上司が部下を手本として学びとる「謙虚な姿勢」を持つことの大切さを教えてくれているのです。
 人は皆それぞれ生まれ持った長所や個性があります。生まれ育った環境や経験の違いから、上司には上司の、部下には部下のそれぞれの持ち味があるものです。
 まずは、相手の長所に目を向けることから始めてみましょう。謙虚に学び、柔軟な姿勢で仕事の流儀を確立し、職場を活性化していきたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月23日(月)「謙虚に学ぶ姿勢」より

<今日の心がけ>
相手の長所を発見しましょう

謙虚に学ぶ姿勢 感想

仕事に流儀がある人は、とても美しい仕事をします。また、こういう場合には、こういう行動を取るというルールや判断が明確で、常に感情ではなくルールに則した動きをするので、仕事にも信頼感が芽生えます。

流儀に似たものとして「クセ」があります。クセも自身のルールに則した動きをしますが、美しくはありません。仕事の中でどのように行動すれば一番洗練されているのか?を考えながら磨かれていった流儀とはやはり違うのでしょう。

また、上司が部下を手本として学びとるというのは、とても大切な心がけだと思います。長年同じ仕事をやっていると、慣れてしまい、部下に教える言葉も横柄になったりする人が多いですが、どういう言葉を使えばAさんには理解してもらえるのだろう?と伝え方にこだわったりする上司は、すごいなと思います。自分の学び方と、他人の学び方は違います。自分が理解した方法で相手が理解できるとは限りません。
部下が理解できて始めて「個人知」が「組織知」となり、会社の財産となり受け継がれていくのですから、伝える方が謙虚になっていないと、会社の永続発展はできないのでしょう。

ある程度経験したからといって横柄にならず、部下をよく見て伝え方を学んで実行していきましょう。謙虚な姿勢がないと、なかなか相手には伝わらないものですから。

職場の教養 感想11月22日(日)「一人三役」

おはようございます。@ukara91です。
11月22日(日)の職場の教養は「一人三役」です。

一人三役

 当たり前のことですが、自分という人間は世の中に一人しかいません。しかし、人が共同体の中で生活していると、場に応じて担う役割は複数にわたります。
 E子さんは、職場では管理職として販売の仕事に携わっています。一方、家庭では妻、二人の子供の母親として、二役も三役も努めています。結婚した当初は専業主婦でしたが、子供から手が離れ、再就職したのです。
 E子さんが仕事を始めてから変わったのは家族です。職場と家庭を慌しく行き来する妻を見て、家事を得意としなかった夫が洗濯をしてくれ、二人の背中を見て、自ずと子供たちも家事を手伝ってくれるおうになったのです。
 応援する家族に支えられ、E子さんは今日も笑顔で出社します。E子さんに限らず、一人で何役もこなす人はいるでしょう。各々が役割を兼務して、地域や職場、家庭という共同体は成り立っているのです。
 共同体の中で各自が自身の役割と向き合い、多くの人の支えを認識した時、人が成長していくのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月22日(日)「一人三役」より

<今日の心がけ>
互いに支え合いましょう

一人三役 感想

 一人で何役もこなしている方は、人の気持ちを理解する能力にすぐれている事が多いです。色んな立場の人たちの視点で、物事を見ることができるからなのでしょう。

 何役もこなしている人の、そういったスキルは、その人の身近にいて仕事を手伝ったりする事で、自然と身に着けていくことができます。
職場に何役もこなしている方が必ずいます。その方の仕事を手伝ってみると新しい発見や、何役も行う事の大変さなど理解でき、自身の学びに繋がります。

そうやって、何役もこなせる人になっていきたいものですね。

職場の教養 感想11月21日(土)「安価な傘」

おはようございます。@ukara91です。
11月21日(土)の職場の教養は「安価な傘」です。

安価な傘

 大阪在住のA氏は相談事があって、同じ関西圏に住む先輩宅を訪ねました。その途中、急に雨が降り出したため、安価な傘を購入しました。
 先輩からアドバイスを受け、帰る頃には雨はやんでいました。そのため、傘を持たずに帰りました。実のところ、A氏は玄関を出た後に気づいたのですが、<安い物だから、まあいいか>と置きざりにしたのでした。
 ところが後日、先輩が傘を持って大阪にやって来ました。「この前、傘をわすれただろう」と、わざわざ届けてくれたのです。
 傘を届けるために、電車代と時間をかけて来てくれた先輩に、A氏は恐縮するばかりでした。安価な傘に対して、使い捨てのような意識でいた自身の姿勢を大いに反省したのです。
 その後、A氏は<金額にかかわらず、どのような物もできる限り使い捨てにせずに、その使命を全うさせよう>と、心を改めたのでした。
 物の役割を考えて、感謝を込めて使いましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月21日(土)「安価な傘」より

<今日の心がけ>
物を大事に使いましょう

安価な傘 感想

日本では昔から物を大切にする文化が育まれていました。
だから物が傷んだ時には、修理して使う事があたりまえだったのですが、近年は「使い捨て」のものが増えてきましたね。

使い捨て前提で物を買うと、最初から物を大切にしなくなってしまいがち。そうすると、なんだか心も大切にしないような気がします。

物も心も大切に扱っていきましょう。

職場の教養 感想11月20日(金)「救われた言葉」

おはようございます。@ukara91です。
11月20日(金)の職場の教養は「救われた言葉」です。

救われた言葉

 建設会社で30年にわたり勤務してきたAさんが独立し、経営者として新たにスタートを切ることになりました。
 入社した当初は、専門用語がわからず、先輩に叱咤激励されながら懸命に仕事を覚える日々が続き、夏場に体重が10キロ減ってしまうこともありました。
 <自分にはこの仕事が合わない、向いていない。辞めたほうが周りの人たちにも迷惑がかからないのでは・・・>と悶々と悩む日々が続いていました。
 そのようなある日、出勤して仕事の段取りや道具の準備をしていると、社長から「君はいつも陰日向(かげひなた)よくやってくれるね。これからもわが社のためによろしく頼むよ」と、初めて声をかけられたのです。
 仕事に自信が持てず、退職さえ考えていた時だったため、社長の言葉が心に響き、励みとなり、気持ちを新たにしてその後も勤め続けることができました。
 社長のように自社の社員を気遣う経営者として、決して驕り高ぶることなく仕事をしていこうと誓ったAさんです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月20日(金)「救われた言葉」より

<今日の心がけ>
激励の声をかけましょう

救われた言葉 感想

自信が無い時というのは、自分を信じる事ができない時。
そんな時に、周囲の人が、自分の力を認めてくれてることがわかると、たちまち自信がみなぎってきます。

仕事はいろんな人が協力して行うものですが、目立つ人・支える人など役割がそれぞれ違います。目立つ仕事をする人は周囲から評価されがちですが、支える側の人は目立ちません。だから周囲から活躍に対して褒められる事も少ないかもしれません。

逆に、目立つ仕事をする人は褒められがちです。
ずっと褒められていると、支える人がいなくても自分だけで活躍できると誤解しがちなので注意が必要です。

支える人の仕事は地味かもしれませんが、物でもサービスでも裏方の活躍があるからこそしっかししたものが作られます。

人から褒められる事がなくても、自分で自分を評価して、自信もコントロールしていきましょう。

職場の教養 感想11月19日(木)「けじめをつける」

おはようございます。@ukara91です。
11月19日(木)の職場の教養は「けじめをつける」です。

けじめをつける

 今年も残すところ、2ヶ月足らずとなりました。年末に向かって何かと慌ただしくなってくる人も多いでしょう。
 この1年を振り返ってみると、大なり小なり様々な出来事がありました。年頭に掲げた目標が達成できそうな職場がある一方で、予測不能な事態によってやむなく目標を軌道修正した職場もあるでしょう。
 どのようなことにも、始まりと終わりがあります。1年の目標についても同様です。当初の目標に対して、結果がどうあれ、しっかりとけじめをつけることが重要です。それは次のより良いスタートを切るためでもあります。
 目標が未達成に終わりそうな場合は、その原因を追求して、来年につながる対策を講じることが肝要です。
 また、これから年末に向けて、大掃除などで身の回りの整理整頓をすると共に、自身の内面も整えましょう。
 今年掲げた目標に何らかのけじめをつけて、よき新年を迎えたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月19日(木)「けじめをつける」より

<今日の心がけ>
目標をもう一度確認してみましょう

けじめをつける 感想

今年はコロナの影響もあり、目標を見直した人や会社が多かった事と思います。
コロナのような予測不能で、過去の経験が無い事が起きると、先の予測ができません。先が読めないので目標の再設定もできない企業が多いですが、こんな時だからこし、創業の原点や、自分の生き方はこれでいいのか?など、原点を見直すキッカケになった人も多いようです。

原点までさかのぼり自分を見直す機会はなかなかありません。
そういう意味では、コロナにもある程度感謝しつつ、自身の生き方や、今までの働き方など、しっかりと見直して、今後の目標をじっくりと再設定してみてはいかがでしょうか。