職場の教養 感想「3万2千円のランチ」

おはようございます。@ukara91です。
8月2日(日)の職場の教養は「3万2千円のランチ」です。

3万2千円のランチ

 ケアレスミスとは、不注意による誤りや、軽率な間違いをいいます。
 自身がケアレスミスをしないことは当然ですが、同時に、相手がミスをするかもしれないことを踏まえて、確認を怠らないことも大事です。
 Fさんは妻と馴染みの店でランチをしました。食事を終えて店を出ると、息を切らせた店員が2人の後を追いかけてきました。
 話を聞くと、クレジット払いの端末に金額を入力する際、1桁多く打ってしまい、3千2百円を3万2千円にしてしまったとのことでした。
 走ってきて誠実に謝る店員の姿を見て、Fさんは責める気持ちが起きませんでした。店に戻って支払いの修正を終えたFさんに、隣で歩く妻が言いました。
 「正直なお店で良かったわね。でも、ミスをしたのは店員さんだけど、金額を確認しないで暗証番号を入力したのは、あなたよね。気をつけないとね」
 馴染みの店だからと安心して確認をしなかったFさん。自分の行動はもちろん、人の行動も1つひとつ、しっかり確認しようと肝に銘じました。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養8月2日(日)「3万2千円のランチ」より

<今日の心がけ>
何事もしっかりと確認しましょう

3万2千円のランチ 感想

食事を終えた後の会計間違いって、皆経験ありますよね。
居酒屋などで多くのメニューを頼んだ際に、1品多く計上されていたりするのは、お互いに気づかない場合が多いですが、Fさんのように1桁も多く会計されてしまうような場合は、お互いの確認で未然に防げるミスですよね。

店員さんがミスらなければ良いという考え方になりがちですが、美味しい料理とサービスを提供していただいた事に対して、お金と感謝という対価を支払うことで取引している2者は、対等な関係なはずです。
だから、会計を支払う側も確認するというのはあたりまえだと思います。

お店の方に横柄な態度で接する顧客もいるようですが、論外です。
美味しいものを提供していただいて、そのサービスに感謝し、言葉に表わす事で、そのお店の料理やサービスはますますレベルアップしていきます。
文句を言うより感謝の言葉を述べて、その店がもっと良くなるなら、どんどん感謝の言葉を述べたいですよね。

コロナの影響で、今、飲食店は大変な状況です。
営業してくれているだけでも、ありがたいです。
食べた後には、感謝の言葉を述べて、勇気づけてあげましょう。

職場の教養 感想「受け止め上手」

おはようございます。@ukara91です。
8月1日(土)の職場の教養は「受け止め上手」です。

受け止め上手

 充実した仕事をするには人間関係を円滑にして、信頼を得ることが大切です。
 Aさんは所属する部署の定例会議で、毎回、自分の提案を聞き入れてもらえないことに不満を感じていました。ある日、その思いを先輩に相談したのです。
 すると先輩は、「君は意見を言う時、『いや、そうではなくて』『でも』『しかし』と、他の人の提案を否定して発言することが多くないかな」と指摘されました。Aさんは言い当てられて気まずくなり、俯いてしまいました。
 先輩は続けて、「受け止め上手になるといいよ。誰でも自分の案を否定されると、嫌な気持ちになる。相手の気持ちを受け止めてから自分の意見を言うようにすると、君の提案も聞いてくれるよ」とアドバイスしてくれました。
 他人に対して配慮に欠けていたことを反省したAさん。それからは「なるほど」「確かに」「そうですね」と、相手の意見や気持ちを受け止めてから、「実は」「だからこそ」と、提案するようにしました。
 今では提案も少しずつ通るようになり、人間関係も良好になったAさんです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養8月1日(土)「受け止め上手」より

<今日の心がけ>
まず相手の提案を受け止めましょう

受け止め上手 感想

僕を好きになってくれる人は、僕も好き。僕を嫌いな人は僕も嫌い。という風に人間関係というのは鏡を見ているように単純かもしれません。

だから、相手の話を聞いてあげると、「あなたの話も聞きたい」となる。

と、解っていてもできないのが人間の面白いところなのかもしれません。

でも、相手の話を聞くことで損することはなさそうです。
まずは聞く事から始めてみましょう。

職場の教養 感想「地域から波を起こす」

おはようございます。@ukara91です。
7月31日(金)の職場の教養は「地域から波を起こす」です。

地域から波を起こす

 東京で来年開催予定のオリンピックでは、野球、ソフトボール、空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンなどが新種目として採用されました。ファンの人々は、競技への関心がより高まったことでしょう。
 新種目の一つであるサーフィンは、海を舞台にしたハワイを起源としているスポーツです。海に囲まれた島国の日本でも1960年代から、現在に至るまで多くの人々に親しまれてきました。
 開催予定の千葉県では、これまで、地元のサーフショップをはじめ、多くのサーファーたちの協力を得て、市町村を挙げて誘致活動を展開しました。
 また、認知度を上げるために一丸となって様々な活動を推進してきました。初心者に対するサーフィンスクールや、ビーチクリーンと呼ばれる清掃活動を長年にわたり浸透させることにより、競技そのものへの注目も高まっていったのです。
 私たちも、日々の働きからサービスや商品を生み出しています。<この地から全国のお客様に波を起こそう>との思いで働きに徹しましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養7月31日(金)「地域から波を起こす」より

<今日の心がけ>
情熱を形に表しましょう

地域から波を起こす

地元の一体感や情熱での誘致活動が評価された姿勢は、地域起こしの参考になるばかりではく、商品やサービスを作るメーカーのブランド育成の参考になると思います。

アレもコレもなんでも器用にこなす企業よりも、「自分たちにはコレしかできませんが、しっかりと努めさせていただきます」という不器用だけど○○だけは得意というような企業の方が、好感がもて、この「○○しかできない」がブランド育成の鍵となります。

千葉は海に囲まれているので、サーフショップやサーファーなどばビーチクリーン活動などしていると、サーフィンのイメージがつきやすく、海=千葉というイメージを付けやすかったのだと思います。

オリンピックが開催されれば、千葉=サーフィンというイメージが付き、サーファーの聖地のようなブランド地となっていくのかもしれません。

職場の教養 感想「気づきを行動に」

おはようございます。@ukara91です。
7月30日(木)の職場の教養は「気づきを行動に」です。

気づきを行動に

 本誌の巻末に、活用の一例として「活力朝礼」の進行方法を掲載しています。
 そこに記されている輪読の仕方は、最初の一段落をリーダーが読み、「はい」と区切り、次の段落からは別の人が「はい」と受けて読む、というものです。
 その輪読に参加するコツは、躊躇せずに「はい」と受けることです。読もうと思いながらも<他の人が読むかもしれない><次の段落でいいか>などとためらうと、タイミングを逃し、結局、読むことができない場合があります。
 日常においても、後回しにした仕事が他の事情で手をつけられなくなったり、メールの返信を怠った末に忘れてしまったりすることがあるでしょう。気づいたことを即座に実行することは、物事をスムーズに進めるコツなのです。
 故に、活力朝礼で、輪読の際に本誌を積極的に読むことは、そうした日常の仕事において逡巡(しゅんじゅん)する心のクセを取り除く訓練ともいえるでしょう。
 <さあ、やるぞ>と決意した時は、物事に取り組むベストタイミングです。決意をした際には、すぐに実行する習慣を身につけたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養7月30日(木)「気づきを行動に」より

<今日の心がけ>
やる気を即行動に移しましょう

気づきを行動に 感想

「気づいたことを即座に実行することは、物事をスムーズに進めるコツ」と職場の教養に記されていますが、これは人生をスムーズに進めるコツとも言えるかもしれません。

失敗しないように、確実に進められるようにと、しっかりと勉強したり準備してから実行するよりも、60%ぐらいのできだと感じたぐらいで、サッサと実行して、その結果を検証して、またサッサと修正して実行する方が、「しっかり勉強するより学びが大きい」です。

「失敗しないようにしっかり準備するのではなく、さっさと失敗して乗り越える方が良い」とも言えます。

利口になりすぎずに行動していきましょう。

職場の教養 感想「知ることから始める」

おはようございます。@ukara91です。
7月29日(水)の職場の教養は「知ることから始める」です。

知ることから始める

 Tさんは、自分が住む地域になかなか馴染めませんでした。なぜなら、交通の便が悪く、これというスポットもなかったからです。
 ある時、この土地を含めた周辺の情報について書かれた新聞記事が目に留まりました。そこには、地名の由来などが書いてあり、自分の知らない情報も多く記されていたのです。
 これを機に、地域の歴史に興味を持ったTさん。さらに、インターネットや書籍で調べてみたところ、地域の歴史は古く、日本神話にも登場していることがわかったのです。
 Tさんは調べれば調べるほど、自分が住む地域が好きになっていきました。今では、地元のボランティア活動にも参加しています。
 自分が暮らす地域や職場のある町には、それぞれの歴史や特徴があります。それを知ることは、地域に対して愛着を持つことになります。
 自宅や職場がある地域には、どのような歴史や由来があるのか調べてみましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養7月29日(水)「知ることから始める」より

<今日の心がけ>
地域のルーツを調べてみましょう

知ることから始める 感想

地名には必ず由来があるものですが、市町村合併や区画整備などで最近は由来のある地名も少なくなってきました。
でもグーグルマップなどで検索しても出てこない地名でも、徒歩や自転車で走っていると昔の地名の道路標識が掲げてあったりします。

現地に住んでるお年寄りなどは、その古い地名を使用していて、地名のルーツなんかも知っているので、我々よりも地域に愛着が湧くのかもしれません。

昔から流れている川の周囲には神社があり、神社と川の間には住まないようにとの先人のメッセージとも言われているし、実際にしらべると、その神社付近まで昔は川が氾濫していたという歴史のあるところも多いです。

「知ること」で失うものはありません。たくさんの事を知ることで、知識と知識が結合して知恵となり、世の中の事がよく見える洞察力も身についてくるのかもしれません。

日々勉強ですね。

職場の教養 感想「勇気を持って」

おはようございます。@ukara91です。
7月27日(月)の職場の教養は「勇気を持って」です。

勇気を持って

 Kさんが、昨年の夏、通勤でバスを利用していた時のことです。
 その日は、朝から激しい雨が降っていましたが、Kさんはバス停の屋根に入れたため傘をたたんでバスを待っていました。ふと後ろを見ると、傘を差した2人の乗客が屋根の外で横なぐりの雨に濡れながら、バスを待っていたのです。
 前方に並んでいる人たちを見ると、人と人の感覚がかなり空いています。少しずつ詰めれば、後ろの2人も屋根の下に入れそうな気がしました。
 一瞬迷いましたが、「すみません。後ろの人たちのために少しずつ詰めていただけませんか」と、思い切って前の人たちに声をかけました。
 前方の人たちは黙って間隔を詰めてくれました。お陰で2人とも屋根の下に入ることができて、2人はKさんに会釈で謝意を伝えてくれました。Kさんも詰めてくれた前の人たちに、「ありがとうございます」とお礼を言ったのです。
 <思い切って頼んでよかった>と、清々しい気持ちになったKさん。人のためを思って動こうとした時、思わぬ勇気が出ることを、改めて実感しました。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養7月27日(月)「勇気を持って」より

<今日の心がけ>
人のために行動しましょう

勇気を持って 感想

現代は、自分のことでいっぱいいっぱいの人が多く、Kさんのように後ろで雨に濡れている人がいることに気づいてくれる人が少なくなっていると思います。

そんな中、気づいてくれるだけでも凄い事ですが、さらに声を掛けて、前の人達に詰めてもあり、後ろの人を雨濡れから防いでくれるなんて凄いことだと思います。

Kさんに勇気があることも凄いですが、普段から全体を見渡す管理職的な仕事をしているからこそ培われたものだと思います。

Kさんは、この通勤バスの一連の流れの管理責任者ではありませんが、管理職らしい働きをしています。
管理職には参考になるエピソードですね。

職場の教養 感想「親子の日」

おはようございます。@ukara91です。
7月26日(日)の職場の教養は「親子の日」です。

親子の日

 A氏には中学生の子供がいます。子供の教育への信念は、「父親は厳しく、我が子を甘やかしてはいけない」です。
 ある朝、子供が「今日は、学校に行きたくない」と、妻に泣きながら訴えていました。A氏は、「学校には、必ず行くものだ。甘えるんじゃない」と理由も聞かず、強く叱ってしまいました。
 ところが、子供はぐったりとして、寝込んでしまったのです。妻に理由を聞くと、試験前で毎晩、睡眠時間を削って、勉強して体調を崩したというのです。
 理由を聞いたA氏は、<これまで一方的に厳しすぎた。もっと我が子の声に耳を傾けなければいけない>と深く反省したのでした。
 そして、優しい眼差しで自分を見守ってくれた、今は亡き父の愛情を思い返し、<もっと息子に寄り添い、父としての自覚を深めよう>と決意したのでした。
 今日は「親子の日」です。両親に感謝を伝えたり、自身の親子の関係を見つめ直して、絆を深めたりする1日にしてみてはいかがでしょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養7月26日(日)「親子の日」より

<今日の心がけ>
親子の絆を強めましょう

親子の日 感想

子供が小さい頃の親子というのは、いつも身近に接しているからお互いよく理解しているつもりでも、お互い変化には気づかないものかもしれません。

職場の人間関係は、一度距離をとってみたりすると、相手を客観的に捉える機会ができて、別の角度から相手をみることができますが、親子関係では距離を空けることができないので、難しいんですよね。

親子の日。これはお互いの関係を見つめ直す良いきっかけにできるかもしれません。ちょっといつもと違うお店で、家族で外食したり、いつもと違う環境で話をする機会を作ってみてはいかがでしょうか。

職場の教養 感想「ワーク・ライフ・バランス」

おはようございます。@ukara91です。
7月25日(土)の職場の教養は「ワーク・ライフ・バランス」です。

ワーク・ライフ・バランス

 「ワーク・ライフ・バランス」という言葉を知っていますか。
 その意味は、働くすべての人が、「仕事」と「仕事以外の生活」との調和をとり、その両方を充実させる働き方・生き方のことです。
 企業では「ワーク・ライフ・バランス」の実現に向けて、家庭の状況にあわせた様々な取り組みがなされています。
 A社で働く子育て中のIさんは、子供を保育園に預けているため、1時間遅い出勤時間にしています。
 親を介護しているUさんは、週に3日、10時の出社にしています。その日は母親をデイサービスに送り出してから出勤できるため、助かっていると言います。
 働き方の改革に目が向けられるようになり、個々の事情に応じた、多様で柔軟な働き方が実現できる社会になりつつあります。
 職場における自己の働きと、私生活の充実を両立させ、健康で、幸せな生き方ができる社会にしたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養7月25日(土)「ワーク・ライフ・バランス」より

<今日の心がけ>
仕事と私生活のバランスを図りましょう

ワーク・ライフ・バランス 感想

仕事は家族生活や幸せになるために行うものですから、「ワークライフバランス」というのはそもそも「あたりまえ」です。

これが注目される言葉になったのは日本人が仕事のしすぎだからでしょう。

コロナの影響もあり、無駄な移動や会議など、ネットを介してPCで行える事がわかりました。でも、自粛期間が終わったとたんにネットの使用から、実際に公共交通機関で移動して集まって会議している会社も多いようです。

便利なものはとことん利用することで、もっと時間を「ライフ」の方にシフトするとよいと思います。

今後「ワークライフバランス」という言葉は意味合いが変わっていくと思われます。それは、人が行っている仕事の大部分をAIやロボットが行う事になるので、人が行う「ワーク」が必然的に少なくなってくるからです。

遠い未来の話ではなく、3年とか5年という単位の身近な未来になってきました。仕事が機械に奪われるという悲観的なものではなく、「時間をもっと有効に使える社会が来る」と前向きにとらえ、その時間に何をやっっていこうか?今から考え行動していく必要がありそうです。

職場の教養 感想「予定の変更」

おはようございます。@ukara91です。
7月24日(金)の職場の教養は「予定の変更」です。

予定の変更

 7月24日に開幕予定だった「東京2020オリンピック競技大会」は、来年7月に延期されることとなりました。
 私たちの仕事においても、一度決定したことを、やむを得ない理由で変更する場合があります。それに伴って発生する運営計画の見直しや予算の再編成、資料の作成、関係各所との打ち合わせなど、再検討や再調整は大きな負担でしょう。
 また、変更によってそれまでの準備が無駄になることも多々あり、その対応を巡って関係者同士がトラブルになることも少なくありません。
 特に変更に至った理由や経緯など、情報が共有されていない場合にはトラブルが大きくなりがちです。
 様々な可能性や状況をあらかじめ念入りに想定し、検討することはもちろん大切ですが、どうしても変更を余儀なくされる状況は起こり得ます。
 やむを得ず計画を変更する場合には、その理由や経緯を関係者間でしっかりと共有しつつ、事態をより良くするための柔軟な適応力を持ちたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養7月24日(金)「予定の変更」より

<今日の心がけ>
適応力を高めましょう

予定の変更 感想

予定どおりなら、今頃は世界中の人々がテレビを見ながらオリンピック選手を応援していた時期だと思いますが、コロナの影響で延期(予定)となってしまいましたね。

オリンピックだけでなく、コロナ後の世界は予定変更は当たり前という状況になりました。この状況はこれからもずっと続くと考えられるので、予定変更の場合のルールを事前に定めておく必要がありそうです。

予定変更により利害関係が発生する場合は、法的な拘束力のある契約書や覚書など、ルールを書面にしたためておき、リスクについてもよく考えておく必要がありますね。

また、予定変更なども数が増えてくると、電話やメールだけでは対応が難しくなってきます。ChatWorkやSlackなどのチャットソフトなども利用して、情報をもれなく共有する工夫も必要です。

仕事における情報共有の対応力というのは、新しいスマホアプリを使いこなす力ともいえます。僕も努力しなければ、、、

職場の教養 感想「集中豪雨から2年」

おはようございます。@ukara91です。
7月22日(水)の職場の教養は「集中豪雨から2年」です。

集中豪雨から2年

 西日本豪雨から2年が経ちました。復興途上で、本業を後回しにして、いち早く「子供食堂と寺子屋」を立ち上げたのは、広島県の女性社長O氏です。
 エステや資格取得スクールなどを柱に、女性の社会復帰・起業を応援する事業を展開していたものの、集中豪雨の影響で完全に経営はストップしていました。
 支援のきっかけは、社員からの「小学2年生の娘に蕁麻疹がでた」との涙ながらの電話でした。家の被害はなかったものの買い物にも行けず、レトルト食品やインスタント食品中心の食生活が影響し、ストレスの限界だったようです。
 緊急幹部会議で「被災地に炊き出しを」との声が上がり、物資提供の呼びかけもあって、でき立ての温かい食事を子供たちに提供できるようになりました。
 さらに女性起業家のネットワークで声をかけると、塾講師や保育士、ヨガなどの専門家が40人近く集まり、親子の笑顔が溢れる空間が創出されたのです。
 「小さな思いもそれが集まったらものすごいものが作れる」と実感したO氏と女性社員たち。復興支援がヒントとなり、さらなる社会貢献事業を展開中です。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養7月22日(水)「集中豪雨から2年」より

<今日の心がけ>
今できることに尽力しましょう

集中豪雨から2年 感想

普段行っている仕事には誰しも優先順位があると思いますが、災害が起きた際には仕事の優先順位が大きく変わります。

被災時には、「衣」「食」「住」が奪われるので、被災者にとってはこの3つを充実させていくことが緊急課題となります。

衣食住が満たされた現代では、「ニーズ」という言葉が死語となり、付加価値の供給が企業の存在意義になりつつありますが、災害時は生きるために必要なモノに対する「ニーズ」が一気に高まります。

毎年のようにどこかで災害が発生する国に住んでいるわけですから、長い間雨が振り続けたら自分の家はどうなるのだろう?など、想定して準備をしておく必要があります。

保険の見直し、いざという時の避難場所の確認、近くの川が氾濫する場合は、どのあたりから浸水するか?等、必ず確認し備えておきましょう。