多角的な視点 職場の教養2019.8.17(土)

倫理研究所発行 職場の教養2019.8.17(土)では
ある地域の商店街はイベントを毎年開催しており、今年も商店街活性化を目的に会議を開催した様子が描かれてます。

イベントの予算は減額されており、集客が厳しい状況でありながら新しいイベントを企画する事ばかり話し合われ、過去のイベントの検証や、商店それぞれの本業がおろそかになってしまったとYさんが振り返っています。

企業においても新規事業の開拓を視野にいれつつも、本業にもしっかり向き合い、事業全体のバランスに目を配ったり、過去の事業の成果の検証もしっかり行おうと締めくくられています。

<今日のこころがけ>
過去にも未来にも目を向けましょう

多角的な視点 感想

このような商店街の風景は全国各地いたるところでありました。
街の郊外に大型ショッピングセンターの出店が相次ぎ、商店街の顧客は大型店に流れました。商店街ではイベントを企画し、なんとか大型店より顧客を取り戻そうと考えましたが、結局イベント企画は大型店の得意分野。
商店街は次々とシャッターを閉め、シャッター商店街という切ない呼び名がニュースになった事を思いだします。

この時の多角的な視点とは?

大型店が出店する前の、商店の売上が100だとすると、商店主は100がどのぐらい落ちるのだろう?と怖くなります。

商店側が何もしなければ売上落ちるのは当然なので、怖いのは当然です。

そんな時こそ、今まで顧客はなぜ商店街に買い物しに来てくれていたのか?冷静に考える事が大切だと思います。

  • 大型店や競合他店が提供できる価値はなにか?(競合の視点で自店を見つめる
  • 自店の提供できる特徴ある価値はなにか?(自分の視点で考える)
  • 顧客(消費者)が望んでいる価値はなにか?(顧客の視点で考える)

最低でもこの3つの視点が必要で、しっかりと分析することで


「顧客が望んでいて、競合が提供できなくて、自店が提供できる価値」を見出す事ができるようになります。
(画像はネットよりお借り)

上のバリュー・プロポジション(VP)を今の状況から見つける事ができれば、そのスペースを広げる努力を。VPを見つける事ができなければ、作る努力を。
これにつきると思います。
そしてVPは変化していくので、多角的に観察を続けましょう。

大型店は今インターネットに売上を奪われています。
時代の波は大きくて早いですね。

サーファーにとっては最高に楽しい波です。
ノッて行きましょう♪

*職場の教養とは
一般社団法人倫理研究所が、法人会員向けに無料で贈呈している冊子です。
このBLOGはその冊子をもとに感想を述べています。

「ハイ」と受け入れる心 職場の教養2019.8.16(金)

倫理研究所発行 職場の教養2019.8.16(金)では

「ハイ」の返事には「一切を受け入れる」の意味があり、すぐに返事をする姿勢には受諾の意思表示があると示しています。

兄と事業を営んでるMさんは上司である兄からの意見や助言に対して「いや・・・」という言葉をついつい発してしまい、兄から「Mはいつも「いや」というがその言葉は僕を否定している事になるよまずは話を聞いてくれないか。その後で自分の考えを言ったらどうかな」と指摘を受けたエピソードを元に、無意識に兄を否定する印象を与えていた事に反省するMさんの様子や、反省後Mさんはまず「ハイ」と相手の話を努めて聞くようにしているのだそうです。

<今日のこころがけ>
爽やかな「ハイ」の返事を心がけましょう

「ハイ」と受け入れる心 感想

仕事上でも家庭でも、こちらから伝えた言葉に対して爽やかに「ハイ」と返事されたらこちらもとても嬉しい気持ちになり気分も上がります。
エピソードのお兄さんからの指摘のように、まずは話を聞いて、その後に自分の考えを言えれば大人通しコミュニケーションもスムーズに進められそうです。

でも、陰険な言葉や高圧的な指示に対して爽やかに話を聞く事は難しい。

聞く時の姿勢だけではなく、相手に発言する時の姿勢も爽やかに伝える事が大切だと思います。

それから、人や立場によって言葉の使い方が異なる事も意識するとよりスムーズなコミュニケーションができそうです。
昔、チームにリーダーとして経験の浅かった時期に、自費でいろんな研修に参加しまくった時期がありますが、その際にとても参考になった某ホテルの社員心構えを思い出しました。
下記に記しながら改めてコニュニケーションを見直してみたいと思います。

某ホテルの社員心構えの一部⇣⇣⇣

私たちは異なった知性の集まりです。ですから、それぞれ立場によってコニュニケーションの取り方が異なります。

軍人のYesはMayby

官僚のNoもMayby

となります。
自分の立場に偏った解釈だけではなく、相手の立場を踏まえて解釈し、連絡するようになるとチームはスムーズに運営できます。

*職場の教養とは
一般社団法人倫理研究所が、法人会員向けに無料で贈呈している冊子です。
このBLOGはその冊子をもとに感想を述べています。

人間力を高める場 職場の教養2019.8.15(木)

職場の教養 2019.8.15では
2024年から新一万円札の肖像となる渋沢栄一が残した名言の中で「とにかく優秀の人材は、その家庭において賢明なる母親に撫育(ぶいく)された例は非常に多い」という言葉をピックアップし、家庭教育の重要性に触れています。

(撫育=可愛がって大切に育てる事)

企業は人なり。というように仕事においては働く人の人間性が事業の盛衰に大きく関わり、家庭に問題があれば職場でも力を発揮できない事。子供にとっては家庭生活が人間性を培う土壌であり、親が手本を示すことで子供の実行力を養う事。
親・先祖とのつながりを深める事が感謝のココロを育む事など、「家族」が人生の基盤であると示唆してくれています。

<今日のこころがけ>

家庭のあり方を考えましょう

<感想>

今の自分があるのは親や先祖のおかげ。
とおく離れていたとしても、「家族」が自分のベースであることを自覚すると大きなパワーになる事を実感しています。

また、ご先祖達が自分を応援してくれていると考えると、目の前で例えば「いじめ」られてる人がいたとしても、「やめなよ!」と言える勇気がうまれます。
仕事でも「それはちょっとひどいよねー」なんて事があっても、バックに家族やご先祖がいてくれてると思うと、「私達はこう思います!」と家族や先祖皆で一緒に指摘するような感覚になり勇気100倍。心強いです。

ちょうどお盆ですね。家族や先祖に改めて感謝したいと思います。

*職場の教養とは
一般社団法人倫理研究所が、法人会員向けに無料で贈呈している冊子です。
このBLOGはその冊子をもとに感想を述べています。


地域の行事 職場の教養2019.8.14(水)

夏は地域のお祭りが多いですね。
8月14日(水)の職場の教養は「日本の三大盆踊り」の「秋田県の西馬音内モン踊り」「岐阜県の郡上踊り」「徳島県の阿波踊り」を例に盆踊りの起源に触れています。

盆踊りに限らず、一つの事を地域の皆で行い友好的な関係を築く事で、予測出来ない事が起きた時に助け合える仲間がいれば心強いと示唆し、地域の行事に参加して、近隣の方々との関係を築いてみましょうと締めくくっています。

職場の教養 2019.8.14(水)

<今日のこころがけ>
地域とのつながりを大切にしましょう


<感想>

小さい頃は、学校に通わないといけないので、否が応でも地域や近隣の方々と触れ合う機会が多くなりますよね。
学校に行けば同じ年代の同じ地域の子もいて友達になったり、家から学校までの道のりで近隣の方に声を掛けられたりします。
また、自分の子が学校に通っていれば同じ年代の子の親たちと運動会や授業参観で交流したり、PTAで役員をする際に交流したりと関係を築く機会も多いでしょう。

こういった機会に交流を深め、仲間を多く作っていると確かに心強いと思います。

職場の教養でも「地域とのつながりを大切にしましょう」と謳われてます。

でも、「仲間を増やさなければならない」という事ではありません。

同じような環境で暮らしていても、人の価値観は様々。無理に交流する事で負担を感じる方も多いと思います。

地域のお祭りとなると、地域の人たちで祭りの準備をする機会が多くなります。その準備一つとってみても「準備に参加してる人」「準備に参加しない人」に分れます。準備に参加してる人にとっては、参加してない人が多ければ負担となり、「準備に参加もしてないのに、祭りだけ楽しみやがって!」という思考になる方が多いのではないでしょうか。

お祭りは好きで、時間に余裕があれば準備にも参加したいけど職場が遠く、準備にもなかなか参加ができないという方にとっては、上記のような思考の方が多くなってくると、お祭りに参加しづらくなってきますよね。

人と土地を結びつけるお祭りには良い部分もあれば、「結びつける→縛り付ける」となってしまうと負担となり、仕事との両立に苦しむ事になりかねません。
「なかなか準備に参加できないから、お金を払う」なんて事も許されない地域もまだあるのではないでしょうか。

さて、話がソレてしまいましたが僕は無理に仲良くなり仲間を増やす必要はないと思います。
そして、大人通しのコミュニケーションは以下のような原則で対応するとよいとおもいます。

  • みんな仲良くできなくても、会話や話し合いはできる。
  • みんな仲良くできなくても、協力する事はできる。
  • 仲良くできない部分はお互い触れないようにして距離を置く。

一人ひとりみんな違う。
みんな違うんだから、無理やり一つにまとめようとするのは窮屈な考え方だと思います。
みんな違っていいじゃない。

「仲良くしなければ会話や話し合いができない」という誤解が不協和音の要因となります。

上の3つの原則をココロに置いて、「自分と他人は違うんだ」とそれぞれが少しだけ意識する事で、不協和音は協奏曲になっていくのだと思います。

違う人どおしが共存できるルールをつくって、それぞれが楽しめるお祭りができるよよいですね。

職場の教養と少し違う考え方かもしれませんが、僕の感想です。

*職場の教養とは
一般社団法人倫理研究所が、法人会員向けに無料で贈呈している冊子です。
このBLOGはその冊子をもとに感想を述べています。

混合チーム 職場の教養2019.8.13(火)

高校野球の盛り上がるこの時期。
8月13日(火)の職場の教養では1931年開催の第17回大会において、当時日本統治下だった台湾州立の学校が日本人との混合チームで出場し、一丸となってたたかったチームが準優勝を果たした事が紹介されています。

その事例をもとに、私たち社会人も普段異なる部署や役割ではたらく人たちが協力して業務を行う場合、仕事の質や進め方の違いがあり、自分のやり方に執着すると仕事が進まないという教訓を示しています。

その教訓にたいして大切な事は

業務の「目的」を全員が認識し、その目的の為にそれぞれの異なる人達が、それぞれの立場で目的達成の為に何ができるか?を意識する事。他の人の立ち位置からの目的へのアプローチも学ぶ価値があり、自己を成長させるチャンスとなる事があると締めくくられています。

職場の教養 2019.8.13(火)

<今日のこころがけ>
互いの良さを認め合いましょう

<感想>

一人で業務を行う場合と違い、チームで業務を遂行する場合は他のチームメンバーにとまどう事がありますよね。

一人ひとり違う人間が集まって仕事をする場合には、どうしても自分のやり方が一番だと考えてしまい、他の人のやり方が劣って見える事が多いです。

経験者が初心者のやり方を見るならまだしも、異なる部署で仕事をしていたベテラン同士が1つのチームになった場合なんかは特にギクシャクしそうです。

そんな時には「目的」ってホント大切です。「目標」ではありません。

目的と目標の違い

目的=GOAL=成し遂げようとする事柄。

目標=GOALにたどり着く為にまず行こうと目指す目印。

目的は経営戦略とほぼ一緒で、目標は戦術とか言うとだんだん解かりづらくなってくるので少し頭を整理します。
職場の教養は野球チームで例えていましたが、僕は野球チームに所属した事がないので、車に例えてみます。

僕たちは車のパーツです。(設定に無理がある笑)

僕はエンジン。

A君はブレーキ。

Bさんはトランスミッション。

Cさんはタイヤ。

その他多数。

僕たちそれぞれが集まり1つのチーム(1台の車)を構成しています。

今いる場所は新潟県小千谷市。

目的(GOAL)=富士山五合目としましょうか。

そして、僕たちのチームは30年前の車(笑)。
高速を飛ばして首都高を抜けて目的にたどり着くという目標は少し無理がありそうです。

約330kmの道のりですので、1日約110kmを下道で3日間かけて行きましょうか。(目標)

この目的に向かって走ってる最中、僕たちはどんな会話をしているか想像してみたいと思います。

僕(エンジン):おい!A!俺がせっかく頑張って回転上げてるんだからイチイチ止めるんじゃねー!

A(ブレーキ):おめーそんな事いったって、信号ばっかなんだから俺が頑張らねーと俺たち事故るぞ!

僕(エンジン):なにコノヤロー!俺の頑張りを無駄にするな!

A(ブレーキ):無駄に回転あげるな!バカ!オメーのせいで俺も大変なんだぞ!

B(トランスミッション):、、、また喧嘩してる。わたし、、、クラッチつなげるとどちらからも怒られそう、、、どうしよう、、、

C(タイヤ):みんな喧嘩してるから、、、俺、、、減るの早い、、、

声の大きなエンジンとブレーキはいつも喧嘩していますが、気弱なミッションとタイヤは大変そう。こんな感じの組織って意外とおおいですよね。


こんな時こそ、今回の教訓です!

「目的」を全員が認識し、その目的の為にそれぞれの異なる人達が、それぞれの立場で目的達成の為に何ができるか?を意識する事。

僕たちボロ車チームが目的を達成するには、上り坂ではエンジンに頑張ってもらわなければなりません。
下り坂ではブレーキに命を預ける事もあるでしょう。
それらをバランス良く調整してくれるトランスミッションがいたり、どんな時でも踏ん張ってくれてるタイヤがいたり、みんながそれぞれの持ち味を活かさないといけないし、誰かが欠けると安全に走る事はできません。
そして、ずーっとブレーキ部署で育ったブレーキ君は中々エンジン君の代わりには成れないものです。

それぞれが、仲間の役割や特徴を理解し、長い下り坂でブレーキを踏みすぎてフェード現象起きないようにエンジンとミッションがカバーし合ったりする事で目的を達成できるようになる。


実際、会社では車を運転するのは社長さんや部門長。

前年対比などの数字(目標)だけ提示して、社員をあおる会社がまだまだ多いのかもしれません。どういう道を通ればいいのか?どのぐらいのエンジンの排気量が道のりに合っているのか?どんな予算で?などの目標は目的がはっきりしていないとただ走っているだけでそのうち迷子になってしまいます。

ドライブは楽しく、目的地を決めてから行きましょう♪

以上、職場の教養を見ての感想(妄想)でした。

*職場の教養とは
一般社団法人倫理研究所が、法人会員向けに無料で贈呈している冊子です。
このBLOGはその冊子をもとに感想を述べています。