職場の教養 感想12月15日(水)「困難が自分を変える」

おはようございます。@ukara91です。
12月15日(水)の職場の教養は「困難が自分を変える」です。

困難が自分を変える

職場の教養12月15日の画像

 陸上女子やり投げの北口榛花(きたぐちはるか)選手は、2019年10月に日本記録をマークし、その勢いで翌年の東京五輪に向けてトレーニングに励んでいました。
 しかし、2020年3月に東京五輪の1年延期が発表されました。
 モチベーションの維持が難しい中、北口選手は「延期をきっかけに助走の方法を変えました。オリンピックはゴールではなくて通過点。”日本記録保持者の私”は、私が超える」と、延期を自分が変わるチャンスと捉えたのです。
 その結果、2021年に開催された東京五輪では、ケガの影響でメダル獲得には至らなかったものの、日本女子では57年ぶりの決勝進出を果たしました。
 私たちが業務に取り組む中で、また日常生活を送る上で、様々な事情で予定通りに物事が進まず、思い通りにいかないこともあるでしょう。自分の力ではどうにもならないことを嘆いても、なかなか状況は変わらないものです。
 困難に直面した際には、<自分の成長の粮(かて)にしよう>と肯定的に受けとめ、今できることに懸命に取り組みたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養12月15日(水)「困難が自分を変える」より

<今日の心がけ>
今できることにベストを尽くしましょう

困難が自分を変える 感想

職場の教養12月15日の画像

「困難」というものは、経験を重ねた自分がレベルアップする時に訪れるボスキャラのような存在なんだと思います。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)