職場の教養 感想2月20日(日)「心に初心者マーク」

おはようございます。@ukara91です。
2月20日(日)の職場の教養は「心に初心者マーク」です。

心に初心者マーク

職場の教養2月20日の画像はこちら

 A子さんが運転免許を取得してから、1年が過ぎました。苦手だった駐車も、駐車スペースの中央に、真っ直ぐ止められるようになりました。
 A子さんは休日に、父親の車を借りて買い物に行きました。その帰り、自宅のブロック塀の角を曲がろうとすると、角の近くにトラックが止まっていたのです。
 <狭いけれど、何とか通れるだろう>と思い、速度を十分に落とさずに曲がった瞬間、ガリガリと音がしました。
 庭に止めて車を見ると、左ドアから後部にかけて、壁の角にこすった傷がついていました。
 A子さんが父親に状況を伝えて謝ると「ケガがなくてよかった。だけど、運転に慣れてきた頃が一番事故を起こしやすい。1年過ぎても初心者だという気持ちを忘れずに安全運転をしなさい」と諭されたのです。
 いつの間にか、<自分は運転が上手>と慢心していたA子さん。それからは、初心者マークを心につけて、安全運転に努めています。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養2月20日(日)「心に初心者マーク」より

<今日の心がけ>
慢心せずに行動しましょう

心に初心者マーク 感想

職場の教養2月20日の画像はこちら

 慣れないうちは慎重でも、慣れてくると今まで丁寧にしていた部分をスムーズに進めることができるため、スピードがでてきます。
 工場などで作業する時には、スピードが必要なので早く慣れていく必要がありますが、慎重にしていた頃の「確認」を怠りがちです。
スピードを出すために「確認」を怠ると事故のもとになるので、「確認」も含めてスピードを出せる方法を考える必要があります。
「心は初心者」でありながらスピードを出せるのがいわゆる「プロ」なのだと思います。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)