職場の教養 感想4月2日(土)「桜」

おはようございます。@ukara91です。
4月2日(土)の職場の教養は「桜」です。

職場の教養4月2日の画像

 桜は、日本の代表的な花の一つとして長い間、親しまれてきました。たくさんの和歌や俳句にも詠まれている。
 平安時代の歌人・紀友則(きのとものり)は、「久方の光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ」と歌い、(日の光がこんなにのどかに射している春の日なのに、どうして桜の花だけはさっさと散っていってしまうのだろう)と、慌ただしく散っていく桜を愛おしむ日本人の気持ちを表現しています。
 桜の花を愛し、共に生きた先人たちは、桜に関する彩り豊かな言葉を生み出してきました。
 桜が満開で夜でも明るい様子を表わす「花明かり」、水面に散った花びらが連なって流れる光景を筏に見立てた「花筏」などは、その代表といえるでしょう。
 桜が日本で愛されてきた理由に、「個」よりも調和を重んじる日本人の国民性、精神性も挙げられます。枝先に咲きあふれる一つひとつの花も美しいですが、花が集まった桜の木全体の美しさにも目を向けたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養4月2日(土)「桜」より

<今日の心がけ>
自然の調和に目を向けましょう

桜 感想

職場の教養4月2日の画像

 桜は春に一回咲いてすぐに散り、それ以外の季節はあまり見た目の良い木とは言えないと思います。それでも、春一回の活躍は、すごいですよね。

 人は、たまに凄い活躍するより、安定的に活躍する人が求められることが多いです。安定的に活躍する人になろうとすると、「桜」のような活躍ができなくなるような気もしますが、なぜ安定ばかりを求めるのでしょうかね。
桜だって、年一回以外は死んでいるわけではありません。地道な努力をして「年一回」につながっているのでしょう。季節外れの地味な桜の木の努力にも注目し、「毎年ありがとう」と声をかけてあげたいですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)