職場の教養 感想4月7日(木)「世界保健デー」

おはようございます。@ukara91です。
4月7日(木)の職場の教養は「世界保健デー」です。

世界保健デー

職場の教養4月7日の画像

 今日は「世界保健デー」です。WHO(世界保健機関)憲章が設定された4月7日を記念して定められました。
 日本がWHOに加盟した1951年の日本人の平均寿命は、男性60.8歳、女性64.9歳でした。WHOによる2021年版の世界保健統計では、日本人の男女平均寿命は85歳で、世界一の長寿国と示されました。
 およそ70年間で、20年以上も寿命が長くなりました。長生きできるようになった理由は、食生活の改善や医療技術の進歩などが挙げられるでしょう。
 江戸時代の儒学者・貝原益軒(かいばらえきけん)が健康法を説いた『養生訓』には「飲食、運動、睡眠」など現代でも参考になるような内容と共に、「怒りと欲を抑え、憂いと思いを少なくし、心を苦しめず」と心の持ち方が大切であると書かれています。
 世界的な保健啓発デーである本日は、健康な体を作ることを考える日としましょう。ストレスを解消する良い機会と肯定的にとらえ、気持ちを明るく、心身共に健やかに過ごしたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養4月7日(木)「世界保健デー」より

<今日の心がけ>
健康に留意しましょう

世界保健デー 感想

職場の教養4月7日の画像

 人の体は食べたもので作られますが、人は食べたものを自力で分解することもできず、分解作業は体に共存してくれている「菌類」にアウトソーシングして分解してもらっています。菌の数は限られているので、食べ過ぎたり飲み過ぎたりを続けていると、菌たちはとても忙しくなり、他の活動ができなくなります。
身体に共存している菌たちは、体に有害なウィルスなどにも対応してくれたり、僕たちの身体を守ってくれる存在です。体が壊れれば菌たちも行き場ななくなりますからね。

 菌たちは、自然なものを分解するのは得意ですが、人工物を分解するのは苦手です。だからできるだけ自然なものを食べるとよいと思います。

良い物を食べ、菌たちにも休息を与えることで、きっと健康は維持できます。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)