職場の教養 感想4月10日(日)「魅力を伝えるキャッチコピー」

おはようございます。@ukara91です。
4月10日(日)の職場の教養は「魅力を伝えるキャッチコピー」です。

魅力を伝えるキャッチコピー

職場の教養4月10日の画像

 近年、注目を浴びている自治体があります。人口増加率が5年連続で日本一となった千葉県の流山市です。
 流山市役所には全国でも珍しいマーケティング課があり、特に子育て世代にターゲットを絞り、行政サービスの充実を図ってきました。
 流山市の「子育てのしやすさ」「子どもを産んでも安心」「豊かな自然」といった特徴をPRするため、「母になるなら流山市」という斬新なキャッチコピーを掲げ、とりわけ若い世代の注目を集めました。
 こうした取り組みが功を奏し、子育て世代の支持を得て、人口が増えていきました。
 キャッチコピーで思いを示すだけでなく、時代に必要とされている、「共働きをしながら子育てができる環境」を、市が率先して推進してきたからだといえるでしょう。
 私たちも自分の思いを実現できるよう、本気で取り組んでいきたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養4月10日(日)「魅力を伝えるキャッチコピー」より

<今日の心がけ>
思いを形に表しましょう

魅力を伝えるキャッチコピー 感想

職場の教養4月10日の画像

魅力を伝えるのは大切なことです。
世の中にはたくさんの人がいて、たくさんの組織があるので、魅力を効果的に伝えるためには、他よりもとんがった特徴が必要です。特徴が他よりも際立っていれば、その際立った部分をわかりやすく伝えればよいのです。

人それぞれに必ず魅力があります。まずは自分や組織の魅力を再確認し、魅力を磨いていきましょう。魅力を磨く過程も魅力として発信できるはずです。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)