職場の教養 感想4月22日(金)「アースデイ」

おはようございます。@ukara91です。
4月22日(金)の職場の教養は「アースデイ」です。

アースデイ

職場の教養4月22日の画像

 本日は、地球環境について考える日として制定された記念日「アースデイ」です。日本では、別名「地球の日」ともいいます。
 本誌『職場の教養』の発行元である倫理研究所では、私たちが暮らす地球の安泰を最高目標とする「地球倫理」という考えから、その実践を推奨しています。
 その一環として、本誌は、本年1月号より、環境に配慮された印刷物であることを示す「環境ロゴマーク」を3ページの目次欄に明記しています。
 そのマークは左からそれぞれ、①材料選定や製造設計において、環境に配慮した物品を調達している、②古紙リサイクルに適している仕様となっている、③植物油インキを利用した印刷物である、という3つを示しています。
 「地球の環境を考える」というと、とてもスケールが大きく感じるかもしれませんが、実は1人ひとりが身近な環境に配慮することが肝要です。
 「水を大切にする」「ごみを減らす」「紙を無駄に使わない」など、日常生活で自身ができることから行動に移していきましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養4月22日(金)「アースデイ」より

<今日の心がけ>
身近な所から環境に配慮しましょう

アースデイ 感想

職場の教養4月22日の画像

 「アースデイ」まずは、地球に対して感謝の気持ちを込めて「ありがとう」と言ってみましょう。それだけでも十分だと思います。
その気持ちが定着してくれば、自然とゴミを拾ったり行動に結びつきます。

僕は、土を触りながら「ありがとう」と伝えます。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)