職場の教養 感想5月23日(月)「気配り」

おはようございます。@ukara91です。
5月23日(月)の職場の教養は「気配り」です。

気配り

職場の教養5月23日の画像

 毎月、月の半分以上出張へ出かけるSさんは、ホテルに滞在することが多く、そこでのスタッフの対応に感心することがあります。
 気温が高くなった初夏のある日、Sさんは汗が滴り落ちる状況で、宿泊先のホテルにチェックインしました。フロントで冷たいおしぼりを渡され、顔を拭い、部屋へ入室したところ冷房が効いていて過ごしやすい環境でした。
 ふと机に目をやると、支配人と清掃スタッフからの「ようこそお越しいただきました。快適にお過ごしください」と手書きで書かれたメッセージカードが置いてあったのです。
 このようなホテルの気配りに感動したSさんは、チェックアウトの際、部屋にあったアンケート用紙に支配人と清掃スタッフへのお礼の言葉を書き残しました。
Sさんは今でも近くに出張する際にはこのホテルを利用しています。
 お客様に配慮したサービスを提供することはどの仕事でも重要です。それが些細な気配りであっても、続ければ大きな満足につながるのではないでしょうか。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養5月23日(月)「気配り」より

<今日の心がけ>
サービスの向上を図りましょう

気配り 感想

職場の教養5月23日の画像

 どんな商品でもサービスでも、それを作るのは人です。
人の気持ちがこもっていると感じるものには温かい気持ちになり、共感することができます。新しいお店でも、トイレが汚かったり接客してくれる店員さんが不機嫌だったりすると、共感できず離れていってしまいますが、古い建物のお店でも、人の努力によって清掃されていたり、笑顔の接客を受けると共感して、そのお店を応援してあげたくなります。

何事も、人の気配りなのだと思います。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)