職場の教養 感想7月5日(火)「相手のために言う」

おはようございます。@ukara91です。
7月5日(火)の職場の教養は「相手のために言う」です。

相手のために言う

 「親しき仲にも礼儀あり」というように、親密な間柄であっても、度を過ぎて礼儀を欠くようなことがあると、その関係性が壊れることがあります。
 家族や友人といった関係にある人だけでなく、職場の同僚やお客様に対しても、礼儀を尽くすことが、より良い人間関係を築くことにつながります。
 また、職場において、「馴れ合いではない優しさ、責め心のない厳しさ」で接することも良き関係性を築くことになるのです。
 職場でも家庭でも、相手に合わせることが大切です。しかしながら、伝えるべきことがあれば、<こうしてほしい>という思いを込めて、率直に自分の意見を述べることも必要でしょう。
 馴れ合いの関係では、伝えるべきことが伝わらないこともあるでしょう。組織や事業のためになる提案が失われ、仕事での成果もあげにくくなります。
 職場では、仕事とプライベートの時間を分けて考え、報告・連絡・相談を密にしながら、適切な意見交換を交わしたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養7月5日(火)「相手のために言う」より

<今日の心がけ>
思いやりの心で伝えましょう

相手のために言う 感想

職場の教養7月5日の画像

 人はこの世界に、心の成長のために生まれてきたのでしょう。
家族でも職場でもお互いを高め合うために、「こうしたほうがよいのでは?」と声を掛け合うことは必要だと思います。
 自分が何か指摘されたときは、自分を高めてくれるための指摘なんだと、前向きに受け止め、相手に指摘する時も、相手を高めるために指摘をするという意識で言葉を選びましょう。
人はいづれ死を迎えます。生きているうちにしっかりと心を成長させたいですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)