体をいたわる

おはようございます。@ukara91です。
1月24日(金)の職場の教養は「体をいたわる」です。

体をいたわる

 Tさんは出張中に突然、右腕が動かなくなってしまいました。
 特急列車で通路側に座り、右側に傾きながら一時間ほど眠ってしまったのです。はじめは、椅子のひじ掛けにあたっていた右腕が、しびれた感覚でした。
 ところが次第に右手に力が入らなくなり、手首から指先までが、思うように動かなくなったのです。Tさんは<そのうちに治るだろう>と思っていました。
 しかし、手首も指も痛みはまったくないものの、内側に曲がったままです。ペンも箸も持てず、拍手はできず、ネクタイも結べません。これまで当たり前にしていたことが、何一つできなくなりました。
 病院に行ったところ、橈骨神経麻痺という診断でした。完治には二週間から一年かかる人もいるとのことでしたが、Tさんは三ヶ月ほどで治ったのです。
 Tさんは完治した右手を見つめ、体の回復する力に感謝しました。肉体は様々な部分とつながっていること、当たり前のありがたさをかみ締め、体を大切にしていこうと実感しています。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養1月24日(金)「体をいたわる」より

<今日の心がけ>
体の働きに感謝しましょう

体をいたわる 感想

世の中には体の不自由な人もたくさん居る中で、僕は何不自由なく生活できる身体を与えられています。

自分の目が見えなかったらどうしよう?耳が聞こえなかったら?足がなく、歩けなかったら?と考えると、自分の健康な身体や、身体を与えてくれた環境に感謝しかありません。

その反面、この身体の健康を維持しようという意識はあまり持っていないのが現状です。暴飲暴食などを続けて年を重ねていったらどうなるか?と考えるとゾッとしますが、健康な身体に甘えてしまっているのが現状です。

食事に気をつけ、身体をいたわっていこうと考える職場の教養でした。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です