職場の教養 感想12月10日(金)「大掃除」

おはようございます。@ukara91です。
12月10日(金)の職場の教養は「大掃除」です。

大掃除

職場の教養12月10日の画像

 正月を迎えるにあたっての大掃除は、年の瀬の風物詩です。大掃除のルーツの1つに、12月13日に行われる「煤払い(すすはらい)」があります。
 「煤払い」とは言葉の通り、煤を払って取り除くことです。昔の家には、室内に囲炉裏やかまどがあり、家の中が煤だらけになっていたのです。
 今では「煤払い」の行事を行うのは神社仏閣がほとんどですが、古い風習では、一般家庭でも13日頃から大掃除を始めていました。
 「半月も前から」と驚く人もいるかもしれませんが、普段は手をつけないような場所まで清掃を行なうのは、それだけ手間がかかる作業だったからでしょう。
 その時代と比べると、現代は便利な掃除道具も増え、掃除に要する時間と労力は少なくなりました。また、「普段から掃除をしているから、大掃除は特に必要がない」という家庭もあるかもしれません。
 大掃除は1年間使ってきた建物や道具への感謝を行動に表して、後始末をする機会にもなります。1年のけじめをつけ、新しい年を迎えたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養12月10日(金)「大掃除」より

今日の心がけ
大掃除で1年のけじめをつけましょう

大掃除 感想

職場の教養12月10日の画像

大掃除をすることで、1年の汚れ方を確認したり、掃除をしながら1年を振り返ったりして、「清掃」だけでなく「1年のまとめ」のような行動だと思います。

やるとスッキリする「大掃除」。すぐに始めてみましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

「職場の教養 感想12月10日(金)「大掃除」」への2件のフィードバック

  1. 今年はあとわずかですね。
    台湾の大掃除は旧正月を迎えるときに行われることが多いです。
    家庭のほかにも会社で自分の席の掃除も必要です。
    一年を振り返って至らないところがあるかどうか、まだ頑張れるところがあるかという
    心の清掃も必要だと思います。新しい一年を迎えるためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)