真心の約束

おはようございます。@ukara91です。
2月15日(土)の職場の教養は「真心の約束」です。

真心の約束

 私たちは日々、様々な決め事や約束の中で仕事をしています。
 取引先との契約など、業務の上での約束事は、当然守らなければなりません。
自社の信用問題にかかわるため、誰もが意識していることです。
 一方で、会社と自分との決め事はどうでしょう。就業規則を守ることはもちろん、面接の時に話した入社後の目標や、入社が決まった時に抱いた決意は、揺らいではいないでしょうか。
 その場しのぎで口にしたことでも、相手は意外と覚えているものです。また、自分との約束をないがしろにする姿勢は、自身が思う以上に他人に伝わり、徐々に信用を失いかねません。
 些細な約束であっても必ず守る人や初志を貫こうとする人は、上司や同僚、後輩からの信頼も厚いでしょう。明確な目標があるため、仕事は滞ることなく、スムーズに進みます。
 まずは時間厳守から徹底し、約束や自身の決め事を守る人を目指しましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養2月15日(土)「真心の約束」より

<今日の心がけ>
誠実な心を持ちましょう

真心の約束 感想

「約束」は守ることで相手との関係性が強まり、守れないことで関係性が弱まったり切れてしまう結び目のようなものです。

ですので、安易に考えてはいけません。

約束をお願いする時は誠意をもって伝えて、約束をお願いされる時は、相手が何をお願いしているのかをしっかり確認した上で、受けるか受けないか判断して伝えましょう。

最近は皆が忙しくなり、お願いする側も軽いお願いが多くなってきています。
「軽い感じのお願いだから、締切間に合わなくてもいいや」と勝手な判断をしたりせず、相手に確認して、もし間に合わなそうならしっかりと間に合わない理由を伝えましょう。

その時、相手からいやな顔されても、誠実な仕事ぶりを見てくれている人が必ずいます。一つ一つしっかりと結んで行きましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です