職場の教養 感想11月21日(日)「壊れた腕時計」

おはようございます。@ukara91です。
11月21日(日)の職場の教養は「壊れた腕時計」です。

壊れた腕時計

職場の教養11月21日の画像

 M氏は、結婚の記念として妻に腕時計をプレゼントしました。
 妻は腕時計をしないことが多いため、M氏はほかの物にすればよかったとも考えました。しかし遠方に出かける時は、腕時計をつけていたのです。
 ある日、何気なく洗濯機の中を覗くと、洗濯槽の底にその腕時計がありました。
妻が洋服のポケットに入れたまま、うっかり洗ってしまったようです。
 すぐに取り出し、使えるかどうかを確認しましたが、防水性能はついていない物で、時刻などを合わせるつまみもなくなっていました。
 M氏は、「これはもう使えないね。残念だけど処分するといいよ。また、新しいものを買えばいいから」と妻に伝えました。
 すると、妻は「この腕時計はあなたからもらった思い出の品物として残していきたいの」と、水を吹いてから、いつも保管している場所にしまったのです。
 M氏は、<もう使えないのに>と思いつつも、妻が時計を大切にしてくれていたことを知り、感激したのでした。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月21日(日)「壊れた腕時計」より

<今日の心がけ>
記念の品を大切にしましょう

壊れた腕時計 感想

職場の教養11月21日の画像

 プレゼントした物を、相手が大切にしてくれてるのを知ったら、とても嬉しくなりますね。今回のエピソードのように、あとからそれを知った時には倍の感動がありそうです。普段から相手がどんな生活をしていて、どんな物が必要で、どんな価値観なのか?をよく知った上でプレゼントし、自分がもらった時には相手の気持ちに感謝して、いつまでも大切にしたいですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)