職場の教養 感想5月8日(土)「柔軟な心」

おはようございます。@ukara91です。
5月8日(土)の職場の教養は「柔軟な心」です。

柔軟な心

 S氏は、この数年間、先輩のK氏から、物の見方や考え方、充実した生き方などについて、多くのことを学んできました。
 その中で、一番強く心に残っていて、<これからも、決して忘れないようにしよう>と思っていることは、感謝についての考え方です。
 ある時、S氏は、「進学や就職、結婚など、人生が順風満帆にいっていることを親や祖先、神仏に感謝している」と、K氏に語りました。
 ところが、K氏からは、「それはすばらしいことだが、私は、人生が思う通りにいかなくても感謝できる人間でありたい」という言葉が返ってきたのです。
 <思い通りにいかないことも、自分を磨くために必要なことである>という考え方をK氏は持っていました。これを聞いたS氏は、自らの心をほぐして、新たな考え方を吸収することの大切さを知りました。
 S氏は、目の前の出来事すべてに感謝できる人になれるよう、これから自らの心を柔軟に保ちたいと思っています。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養5月8日(土)「柔軟な心」より

<今日の心がけ>
心に柔軟さを持ちましょう

柔軟な心 感想

人生が順風満帆に行っていることに感謝できるのはすごいことだと思います。
これは、自分以外の周囲に感謝するということです。

そして、人生が思うように行かないと感じる時は、心の内側に目を配り、自身の至らない点や良い点などを棚卸しし、改善していくチャンスの時です。
この苦しいと感じる時を自身の内側と向き合う事で乗り越えていくことは、大きな成長に繋がります。
ある意味これは、自分の内側に感謝するということでもあります。

自分の外側と内側両方に感謝できる人は、きっと魅力あふれる人なんだと思います。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)