職場の教養 感想8月13日(金)「うれしい一言」

おはようございます。@ukara91です。
8月13日(金)の職場の教養は「うれしい一言」です。

うれしい一言

 久々に小学3年生の孫がAさん宅に遊びに来ました。Aさんは、庭の草刈りを頼んでみました。孫はすかさず「僕、手伝うよ」と快く引き受けてくれました。
 <話し相手にでもなればいい>と思っていたAさんでしたが、意外にも孫は、てきぱきと働き、大いに助けられたのです。
 そこでAさんが「助かったよ、ありがとね。よく頑張ったね」と孫を褒めました。すると、「僕は褒められるのが大好きなんだ」と言ったのです。隣にいた妻と顔を見合わせて、思わず笑ってしまったAさんでした。
 子供が、褒められてうれしく思うのは、ごく自然なことです。もちろん、大人でも褒められればうれしいものです。誰かに褒められて、やる気の湧かない人はいないではないでしょうか。
 私たちは、<頑張ってほしい、良くなってほしい>との思いから、身近な人へ苦言を呈することがあります。時には視点を変えて、相手の良さや努力している姿をありのままに見つめ、褒めることも大切なのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養8月13日(金)「うれしい一言」より

<今日の心がけ>
人の良いところを素直に褒めましょう

うれしい一言 感想

褒める言葉は魔法の言葉です。
褒められた人が嬉しいだけでなく、褒めた人もなんだかうれしくなってきます。

現代は生きているだけで、マイナスな思考に陥りがちです。魔法の言葉を多様して乗り越えていきたいですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)