職場の教養 感想12月18日(土)「お洒落なネクタイ」

おはようございます。@ukara91です。
12月18日(土)の職場の教養は「お洒落なネクタイ」です。

お洒落なネクタイ

職場の教養12月18日の画像

 社内外で人望の厚いA氏が、入社して間もない頃、上司と共に取引先を訪問した時のことです。
 仕事の話が終わって席を立とうとした際に、取引先の社長から「ところで、Aさんのネクタイはいい柄ですね。お洒落ですね」と言われました。
 思いがけない言葉に戸惑ったA氏は「いえいえ、決してそんなことはありません」と首を横に振り、畏まって会社を後にしました。
 帰社する道すがら、A氏は上司に「先ほど、私はどのようにお応えすればよかったのでしょうか」と尋ねました。
 すると、「謙遜するのもいいけれど、君を褒めてくださった社長のお気持ちを考えると、否定せずに、『ありがとうございます。そうおっしゃっていただき、嬉しいです』と、素直に感謝するとよかったのではないかな」と告げられました。
 それ以来A氏は、人から受けた好意は素直にありがたく受けとめ、自分と関わりを持った人には、できるだけの好意的な言葉をかけることを心がけています。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養12月18日(土)「お洒落なネクタイ」より

<今日の心がけ>
褒め言葉を素直に受け取りましょう

お洒落なネクタイ 感想

職場の教養12月18日の画像

Aさんの受け応えも悪印象は与えなかったと思います。
でも、よりよい応え方はどうだったのだろう?と考えて、よりよい方法を模索することで言葉の使い方は洗練していきます。

人と人のコミュニケーションのほとんどは、言葉で行いますので、よりよい言葉を転宅して、自分が感じたことを適切に相手に伝えたいですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)