職場の教養 感想3月17日(木)「苦しい時こそ短歌を」

おはようございます。@ukara91です。
3月17日(木)の職場の教養は「苦しい時こそ短歌を」です。

苦しい時こそ短歌を

職場の教養3月17日の画像

 奈良時代の公卿(くぎょう)・歌人である大伴家持(おおともの やかもち)の「うらうらに照れる春日(はるひ)に雲雀上がり(ひばりあがり)心悲しも独りしおもへば」という短歌があります。
 これは「うららかな陽の照っている春の日に雲雀(ひばり)が空高く上っている。私は悲しい、独り物思いをしていると」という意味で、普通なら自然にうきうきしてしまうような陽気の中だけに、一層作者の深い憂いが伝わってきます。
 家持はこの歌に続けて「もの悲しい心は歌でなければ払い難い」と記しています。憂い心を取り去るには短歌を作ることが最良の方法であると、約1300年前に述べているのです。
 なぜ短歌を作ることで憂い心を取り去ることができるのでしょうか。その理由の1つに、短歌作りは自己を客観視する力が養われ、自己理解が深まるということが挙げられるでしょう。
 うれしい時や楽しい時はもちろん、悲しい時、苦しい時にも短歌を作ってみませんか。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月17日(木)「苦しい時こそ短歌を」より

<今日の心がけ>
自身を見つめ短歌にしてみましょう

苦しい時こそ短歌を 感想

職場の教養3月17日の画像

 短歌のように定型のものに自分の気持ちを言葉にしておさめるということをすることで、自分を客観的に見る訓練になるのかもしれません。

我々の先輩である古代の日本人は、そういうこと知っていたのかもしれませんね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)