職場の教養 感想11月7日(土)「夫からのアドバイス」

おはようございます。@ukara91です。
11月7日(土)の職場の教養は「夫からのアドバイス」です。

夫からのアドバイス

 新婚のS子さんは、夫の上司のT氏から結婚のお祝い品をもらいました。
 それは、二人で使うためのペアのマグカップでした。祝ってもらえて嬉しいと思うと共に、大切に使おうと決めました。
 S子さんは、夫と一緒に、T氏の家に内祝の挨拶に行く予定でした。その前に、取り急ぎお礼の手紙を書くことにしたのです。
 しかし、S子さんには悩みがありました。文字を書くのがあまり得意ではなく、直筆で手紙を書くのも久しぶりでした。
 「この度はごていねいに結構なお品をいただき、誠にありがとうございました」と書いただけで、手に汗がびっしょりです。
 その時、そばで見ていた夫から、「字の上手い下手ではないよ。相手のことを思いながら、心を込めて書けばいいんだよ」とアドバイスされました。
 その言葉を聞いて、ホッとしたS子さん。見た目の良し悪しだけを気にするのではなく、心を込めて行う大切さを学んだのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月7日(土)「夫からのアドバイス」より

<今日の心がけ>
心を込めて文字を書きましょう

夫からのアドバイス 感想

字があまり綺麗でなくても、丁寧に書かれていると好感がもてますよね。
そうやって丁寧に書いていると、字は必ず上手になっていくものだと思います。

字を書く機会が少なくなってきたからこそ、少ない機会には丁寧に書きたいですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)