失敗と成長

おはようございます。@ukara91です。
4月17日(金)の職場の教養は「失敗と成長」です。

失敗と成長

 仕事をする中で、失敗は誰しも一度や二度はした経験があるでしょう。
 例えば、操作の誤りや情報の伝達漏れ、伝票の記載ミスなど様々でしょう。
また、体調不良や不慮のトラブルによる失敗もあるでしょう。
 その時に味わう悔しさや辛さを、すぐに切り替えられることは理想ですが、実際には立ち直るまでに、相当な時間がかかる場合もあります。時には必要以上に自分を責めたり、言い訳をすることがあるかもしれません。
 しかし、まずは、「この悔しさ、辛さが、自分の成長につながる」と、意識の矛先を変えてみることです。その時、正直に非を認め、心から関係者に詫びる勇気が湧いてくるものです。
 さらに、その後のひたむきな努力によって、仕事の技術が向上し、精神も強くたくましくなるでしょう。
 失敗はしっかりと反省し、それをバネにして、仕事のクオリティーを上げ、より良い働きにつなげたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養4月17日(金)「失敗と成長」より

<今日の心がけ>
失敗を成長につなげましょう

失敗と成長 感想

失敗は成長の肥やしといわれます。
これは、失敗しなければ成長できないとも読み取れます。

成長を続けるために、失敗を恐れず行動していきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)