目標を掲げる

おはようございます。@ukara91です。
4月8日(水)の職場の教養は「目標を掲げる」です。

目標を掲げる

 希望を成就するには、具体的な目標を示すことが大切です。
 Kさんは、数年前から、仕事を始める時に、その日の目標を口に出して言うように心がけています。
 「快い返事」「明るい言葉かけ」「一歩一歩確実に」「躊躇しない」など、目標はその日によって変わります。それは、自分に足りないものであったり、その日の心構えであったりします。
 目標とは、その人が進んで身につけたい内容にあたるものです。Kさんの日々の目標は、Kさんのこれからを具体的に表わしているといえます。
 目標とは、自分はこれをやるのだという自覚であり、それに向かって進むという、はっきりとした認識でもあります。
 Kさんは、「目標を明確にして一日のスタートを切るようになって、心が明るくなり、積極的に仕事に取り組めるようになった」と言います。
 日に一つ、目標を掲げ行動することで、向上していく自分を実感できるでしょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養4月8日(水)「目標を掲げる」より

<今日の心がけ>
一日の目標を持ちましょう

目標を掲げる 感想

 目標を掲げることは重要ですが、もっとも重要な事は目標を達成することだと思います。逆に考えると、達成しやすい目標を掲げるという事でもあります。

 Kさんの目標は「快い返事」「明るい言葉かけ」「一歩一歩確実に」「躊躇しない」でしたね。これは結構達成しやすいですよね。そして、これら目標をこなしていると、一年後の自分はとても積極的で、明るい人になっているような気がしませんか?

この目標を毎日達成していれば、暗くなることはなさそうですよね。しかも、毎日達成することで、満足感も得られます。

反面、目標を高く掲げると、なかなか達成できずに焦りが芽生えて来ます。

達成しやすい目標を掲げ、その目標を達成し続け満足感を得る。そして、その目標を少しづつレベルアップしていく事で、心は大きく成長していきそうです。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です