職場の教養 感想「紳士然とした心意気」

おはようございます。@ukara91です。
6月17日(水)の職場の教養は「紳士然(しんしぜん)とした心意気」です。

紳士然とした心意気

 例年6月はゴルフのメジャー大会の1つ、全米オープン選手権が開催されます。
 40年前の第80回大会は「ゴールデン・ベア」の愛称で親しまれたアメリカのジャック・ニクラウス選手と、「東洋の魔術師」と呼ばれた青木功選手との一騎打ちとなり、コース名から「バルタスロールの死闘」と呼ばれました。
 飛距離では圧倒的にニクラウス選手が、「百ヤード以内は世界一」と言われた青木選手の小技が冴え、3日目を終えて同スコアとなり、決着は最終日にもつれ込みました。
 一進一退だった戦いは、最終ホールでニクラウス選手がバーディパットを沈めて決着し、2年振りのメジャー制覇を成し遂げ、ギャラリーは大興奮となりました。
 しかし、青木選手のパットがまだ残っており、熱狂するギャラリーをニクラウス選手は「静かにするように!」と制したのでした。
 ライバルをも思いやる紳士的な行動は、今日まで語り継がれています。どんな場合であっても相手に配慮し、その人の立場に立って考えたいものです。

一般財団法人倫理研究所 職場の教養6月17日(水)「紳士然とした心意気」より

<今日の心がけ>
相手を思いやりましょう

 「紳士」とは「品格があり礼儀正しい」という意味です。
Jニクラウスは正に紳士です。すでに自分が勝っている状況でも相手を尊重し気遣う行為は、「自分をかっこよく演出するため」ではなく、単純にルールを守ろうよということだと思います。そういう姿勢がギャラリーや視聴者に伝わり、紳士の称号を確実のものにしていったのでしょう。

自分が負けている時は、ルールにすがりたくなるものですが、勝っている時に感情を抑え、ルールを最上位に考えることができるのは、やはり紳士ですよね。

かっこいいと思います。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です