職場の教養 感想2月20日(土)「想いを伝える」

おはようございます。@ukara91です。
2月20日(土)の職場の教養は「想いを伝える」です。

想いを伝える

 経営者向けの研修会の後に行われた、懇親会での出来事です。
 出席者は当初、仕事の悩みなどを話していましたが、途中から話題が両親のことに及びました。意見の相違から親子関係がよくない人も多く、話の流れからHさんが両親に電話をし、感謝を伝えることになったのです。
 Hさんは、気が進まない中で父親の携帯に電話をかけました。呼び出し音が鳴る間、動悸は収まらず、繋がってからも取り留めのない話が続きました。時間が経過すればするほど、緊張が高まります。
 意を決したHさんは「お母さんが亡くなって十年。会社を経営しながら一人で僕たち兄弟を育ててくれてありがとう」と伝えたのです。「今日はどうしたんだ」と戸惑う中にも嬉しそうな父の顔が目に浮かび、自然と涙が溢れていました。
 誰しも家族を始め様々な人に愛され、支えられながら生きています。感謝の気持ちは言葉に表わしてこそ伝わるものでしょう。
 まずは身近な人から、その気持ちを伝えていきたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養2021年2月20日(土)「想いを伝える」より

<今日の心がけ>
感謝の想いを深めましょう

想いを伝える 感想

身近な人ほど感謝の気持ちを伝えていないものです。

身近なほどにお世話になり、感謝しなければならないのに、伝えられていないなんでだめですね。

今日はすぐに「いつもありがとう!」と伝えましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)