職場の教養 感想4月27日(火)「思い込みを捨てる」

おはようございます。@ukara91です。
4月27日(火)の職場の教養は「思い込みを捨てる」です。

思い込みを捨てる

 失敗をしてしまった時、その失敗から学び取ることは多いものです。
 Iさんは大学を卒業後に就職し、配属先での仕事がスタートしました。右も左もわからないIさんに、上司や先輩が仕事を教えてくれます。<早く一人前になろう>と努力を重ねていましたが、ある日、思わぬミスをしてしまいました。
 納期を間違っていたため、その後処理に手間取り、周囲を振り回してしまったのです。大事には至らなかったものの、上司から叱責され、関係各所に先輩と一緒にお詫びに回りました。
 後に上司から「君は話しを最後まで聞かないクセがある。<○○だろう>との思い込みで業務に取り組んでいないかい」と指摘されたのです。
 自分の未熟さと甘さを反省したIさん。数年経過した現在も、新人時代に指摘された上司の言葉を旨に刻んで、業務に取り組んでいます。
 失敗やミスは誰にでも起こりうるものです。ちょっとしたミスも、うやむやにせず、しっかり処理し、教訓にしていきたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養4月27日(火)「思い込みを捨てる」より

<今日の心がけ>
失敗から謙虚に学びましょう

思い込みを捨てる 感想

思い込みは新人の時には誰しも経験してると思いますが、ベテラン社員でも思い込みは結構多いものです。ベテランになって思い込みが多いというのは、誰からも指摘されない立場の人が多く、そういう上司や管理職は仕事に支障をきたしている事も多いです。

失敗から謙虚に学ぶのは当然ですた、失敗しない立場の人も、今の自分がどのように組織で機能しているか?自身が部下から見て、上司としてきちんと機能しているか?を確認し、自身の思い込みを定期的にチェックしてみましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)