職場の教養 感想6月15日(火)「朝の活用」

おはようございます。@ukara91です。
6月15日(火)の職場の教養は「朝の活用」です。

朝の活用

 多忙な毎日を送っていると、心の余裕を失ってしまいがちです。
 一方で、1日の中に少しでもゆとりのある時間を作ることができれば、気持ちが落ち着き、仕事の能率も上がってくるものです。
 時間の使い方を見直す時、積極的に意識したいのは、朝の過ごし方です。顔を洗う、歯を磨くなどは、誰しも行なっている習慣でしょう。
 習慣は時に、惰性になりがちです。これらの習慣にポイントとなることを1つ付け足すだけで、充実したひと時に変えることができます。
 例えば、「洗面の際、鏡に映った自分に笑顔を向ける」、「『今日もよろしく』と声をかけて靴を履く」などは、1日のスタートに明るさを加えてくれるでしょう。
 何より、目が覚めた瞬間にサッと起きることは、流れの良い1日を作ることにもつながり、直感力が磨かれ、気づきの幅や質も向上していきます。
 日々の暮らしにマンネリを感じてきた時こそ、朝の慌ただしい時間に、あえてスパイスを加えて、自己革新を図ってみませんか。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養6月15日(火)「朝の活用」より

<今日の心がけ>
習慣を見直しましょう

朝の活用 感想

習慣って、人生を楽しくリズミカルに生きていくために必須だと思います。

苦しいと感じてた事でも、習慣にしてしまうと簡単に乗り切ることができます。例えば朝昼晩の食事。お腹がたいして減っていない時でも、食べてしまうのは習慣以外の何物でもありません。

歯磨きなんかもそうですよね。よく考えたらとてもめんどくさい。子供の頃はさぼったりしませんでしたか? 習慣になってしまうと、なんとなくこなしてしまいますよね。

だから、苦しいと思うことは、できるだけ早く習慣化してしまうことで、人生が楽になっていきそうです。
僕も、このBLOGがすっかり習慣になってきました。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)