職場の教養 感想12月5日(日)「今年の漢字は?」

おはようございます。@ukara91です。
12月5日(日)の職場の教養は「今年の漢字は?」です。

今年の漢字は?

職場の教養12月5日の画像

 師走の恒例行事ともなった日本漢字能力検定協会主催の「今年の漢字」は、平成7年から始まり、今回で27回目を迎えます。
 この行事は、漢字の素晴らしさや意義を伝える活動の一環としてスタートしました。年末に1年の世相を表す「漢字一時(かんじいちじ)」を全国から募集し、応募数の最も多い漢字を京都・清水寺で発表しています。
 ここ数年では、古い順から「金(きん)」「北(きた)」「災(さい)」「令(れい)」が選ばれています。そして昨年は、20万票を超える応募総数のうち、3万票近くを集め、「密(みつ)」という漢字が選ばれました。
 1年を振り返ると、選ばれた漢字1字から、私たちはその年に起きた様々な出来事を思い起こすことができます。皆さんにとって、今年1年は、どのような漢字1字が当てはまるでしょうか。
 今年起きた身のまわりのことや世の中のことをしっかり総括した上で、来たる新年を心機一転、朗らかな心で迎えたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養12月5日(日)「今年の漢字は?」より

<今日の心がけ>
今年1年を振り返りましょう

今年の漢字は? 感想

職場の教養12月5日の画像

何気なく過ぎ去った1年と感じていても、「今年の一字」が発表される年末には、一年を象徴するような出来事が放映されて、「今年も色々あったなぁ」と、思い起こさせてくれます。
世の中での出来事はそうやって思い起こせますが、自分のことは思い出さないまま忘れてしまうことが多いのかもしれません。
スケジュール帳を振り返り、自分なりの今年の一字を定めてみてはいかがでしょうか。
一年のいろんな出来事が、自分自身を成長させてくれたはずなので、それらの出来事に感謝して、来る年を迎えていきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)