職場の教養 感想8月8日(日)「山あり谷あり」

おはようございます。@ukara91です。
8月8日(日)の職場の教養は「山あり谷あり」です。

山あり谷あり

 今年の山の日は、本日8月8日です。「日本で一番高い山は?」と聞かれたら、誰もが「富士山」と答えられるでしょう。
 では、2番目に高い山はわかりますか。答えは、南アルプスにある「北岳(きただけ)」で、標高3913メートルあります。
 山を登るには、上り坂ばかりではありません。平坦な道もあれば、下り坂もあります。しかし、山頂に向かって一歩一歩足を進めていけば、頂(いただき)に辿り着くことができるでしょう。
 「人生は山あり谷あり」といわれるように、私たちの人生には好調な時、そうでない時があります。仕事をしていく上でも、時には思い通りにいかなかったり、トラブルに見舞われたりすることが、あるかもしれません。
 そのような時には、しっかりと目標を見据えて、失敗があればその原因を見直し、一歩一歩、着実に歩みを進めていくことが肝要です。
 高い目標には、小さな目標を積み重ねて、果敢に挑んでいきましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養8月8日(日)「山あり谷あり」より

<今日の心がけ>
一歩ずつ着実に進みましょう

山あり谷あり 感想

目標に向かって進みが良いと実感できるときはやる気が漲ってきますが、目標に向かって進めていないどころか、マイナスではないか?と感じる時にはやる気がでなくなって、目標に向かうことをやめてしまうこともあるかもしれません。

仕事や人生においても、良いことばかりではありませんが、困難な時ほど工夫が必要です。どんなことにも、必ずうまくいかない時があることを最初から想定し、そんな時でも一歩一歩進んでいると実感できるようにすることが必要です。

今日は、60km先のあの地点まで到達する!と目標を定めているとき、体調がわるくてどうしてもたどり着けないことだってあると思います。そんな時は、「こんなに体調が悪いのに1kmもすすむことができた!」と自分を褒めてあげることも必要です。

目標をすこし小さくしてでも、一歩一歩目標に近づいているという実感を味わうことが、目標達成の重要なポイントだと思います。

会社の目標や評価基準はどうしても数字だけを見がちです。それはそれで目指すことも必要ですが、それを自分なりの目標に変換して、それを目指していきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)