職場の教養 感想1月17日(月)「敬意を表する」

おはようございます。@ukara91です。
1月17日(月)の職場の教養は「敬意を表する」です。

敬意を表する

職場の教養1月17日の画像はこちらから

 対人関係の基礎は信用、信頼作りからといわれます。すべての人に対して尊敬の念を抱くことは、そのための大事な要素の一つです。
 たとえば、教える側は、教えられる側からも学ぶ姿勢が必要です。指示、命令を出す側は、相手もかけがえのない存在であるとの認識が大切です。
 そうした心持ちでいなければ、他者に横柄な態度で接してしまったり、自分の意のままに従わせようとしてしまいがちになるでしょう。
 人には皆、それぞれの心があります。自分がどのように相手から受け入れられ、どう扱われているかは、敏感に掴み取って行動しているものです。
 チームが一丸となり個々の能力を最大限に発揮させる秘訣は、そこで働く人々に対する敬意であるといえるでしょう。敬意とは単に敬いの心を抱くのみならず、その人の存在を素直に受容する心の姿勢のことでもあります。
 経営者と社員、上司と部下が互いに敬意を払いながら、日々の業務に邁進していきましょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養1月17日(月)「敬意を表する」より

<今日の心がけ>
互いに敬い合いましょう

敬意を表する 感想

職場の教養1月17日の画像はこちらから

「実るほど 頭(こうべ)を垂れる 稲穂かな」という有名なことわざがありますが、これは学問や技能が深まると、他人に対して謙虚になる という意味です。
ですが、実際には学問や技能が深まり経験豊富な人だけが上司になるとは限らず、その場合は横柄な態度になってしまう人が多いのではないかと思います。

そういう人が上司になってしまう組織は、その上も他人に対しての謙虚な姿勢がないので、人を見極めることができないからなのだと思います。
そうなると、その組織はなかなか人が育たず、いつか事業の継続は困難になるのかもしれません。

社内の対人関係がきちんとできなければ、顧客との対人関係も表面的に取り繕う関係になってしまうでしょう。

毎日目の前にいる同僚や上司、部下に対して相手の良いところを見つけながら、まずは元気よく挨拶し、敬意をもって対応していきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)