職場の教養 感想1月20日(木)「良いしまり」

おはようございます。@ukara91です。
1月20日(木)の職場の教養は「良いしまり」です。

良いしまり

職場の教養1月20日の画像はこちらから

 大寒を迎え、厳しい寒さに体が縮こまる人も多いでしょう。あたたかな布団から出たくないという時もあるかもしれません。
 しかし、その時々の季節や気候は嫌っても変わってくれるものではありません。
むしろ「いやだ」と思えば思うほど、寒さを辛く感じてしまうものです。
 そうした時には、冬の冷たい気候が我々にもたらしてくれる恵みに意識を向けてみてはどうでしょうか。寒い季節の良いところを探してみるのです。
 たとえば豪雪地帯には、秋に収穫された野菜を雪中に埋め、厳しい冬を乗り越えさせる「越冬野菜(えっとうやさい)」があります。越冬野菜は、雪に埋められることで寒さから身を守ろうとして甘みが引き出されるのです。
 このように日本では、昔から冬の寒さは様々な「良いしまり」をもたらすものとして、良い部分もみてきました。
 体調を崩さないように暖を取りつつ、時には冷たく清らかな空気を受け入れ、身も心も引き締めてみませんか。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養2022.1.20「良いしまり」より

<今日の心がけ>
寒さを受け入れて過ごしましょう

良いしまり 感想

職場の教養1月20日の画像はこちらから

寒い季節は空気が清廉な感じで、散歩とかするととても気持ちいがよいですね。
体が少しあたたまると、冬の気温は快適に感じてきます。

日本で生まれて、生活するからには、必ず冬がきます。この季節をいやがっていては1年の1/4がもったいないですね。
冬を楽しんでいきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)