職場の教養 感想2月11日(金)「知ることから始まる」

おはようございます。@ukara91です。
2月11日(金)の職場の教養は「知ることから始まる」です。

知ることから始まる

職場の教養2月11日の画像

 夕食時、Nさんは妻から「あなたはいつも私の話を聞いているようで聞いていないのね。私や子供たちに興味ないんでしょう」と言われました。
 Nさんは、会社の新規プロジェクトの立ち上げのことで頭が一杯でした。家にいても仕事のことばかり考えていて、妻の話に生返事をしていたのです。
 妻に寂しい思いをさせていたことを猛省したNさんは、どうすれば妻が喜ぶのか考えました。そして、妻の行動に目と心を向けるようにしたのです。
 妻をよく見るようになって、気づいたことがあります。それは、妻が子供たちに真剣に向き合い、笑顔で家事に取り組んでいることです。
 Nさんは、妻への尊敬と感謝の念を深めると共に、できる限り家族と触れ合う機会を持つようにしました。そして、<自分も妻のように明るく朗らかに仕事に取り組もう>と心を新たにしたのです。
 相手を知ることで愛情は育まれます。そして、相手から謙虚に学ぶことに、現状を打破したり、成長するヒントが隠されているのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養2月11日(金)「知ることから始まる」より

<今日の心がけ>
身近な人への尊敬の念を深めましょう

知ることから始まる 感想

職場の教養2月11日の画像

 仕事に集中するためには家族の支えが必要です。家族に支えてもらうためには、家族への気遣いが必要です。どちらか一方ばかりに目がいくと、バランスを失うのかもしれません。
 家族と一緒にいる時間は、できるだけ家族との会話を楽しむことで、仕事にも充実した気持ちで臨む事ができるのだと思います。

 奥さんや子供ができて、自分の家族ができた時の喜びを思い出し、感謝しながら会話してみましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)