職場の教養 感想3月15日(火)「備える」

おはようございます。@ukara91です。
3月15日(火)の職場の教養は「備える」です。

備える

職場の教養3月15日の画像

 年度末を迎える企業において3月は、様々な準備をする月ともいえます。
 たとえば、職場においては、別の部署へ異動する人との仕事の引き継ぎや、新入社員を迎える用意など、人事関連の準備をすることも新年度への備えです。
 また、家族の中に進級や進学、就職などの人生の節目を迎える人が入れば、その成長を喜び、門出を祝うこともあるでしょう。
 それは、環境が変わることへの不安を吹き払い、一歩踏み出す勇気をもたらす大切な準備だといえるでしょう。
 同時に考えたいのが、自然災害への備えを再確認することです。
 1つは、水や食料などを備蓄する「物の備え」です。また、災害時の避難場所の確認をはじめとする「行動の備え」も欠かせません。
 そして、災害はいつ起こっても不思議ではないと改めて認識する「心の備え」も重要です。災害時にできるだけ冷静に行動するためにも大切な備えです。
 節目に向けての準備を入念に行い、より良いスタートを切りたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月15日(火)「備える」より

<今日の心がけ>
準備を万全にしましょう

備える 感想

職場の教養3月15日の画像

 春らしい天気の日も増えてきて、いよいよ年度末が近づいてきたと実感してる人が多いと思います。学校や企業は年度末が区切りとなることが多いので、人の動きが激しい時期ですね。完璧に備えることなどできませんが、気持ちだけはリフレッシュして、前向きに取り組む春にしていきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)