職場の教養 感想3月19日(土)「続けるコツ」

おはようございます。@ukara91です。
3月19日(土)の職場の教養は「続けるコツ」です。

続けるコツ

職場の教養3月19日の画像

 絵本作家のやなせたかし氏は、34歳にして漫画家を志しました。代表作となるアンパンマンの人気が出始めたのは、60歳を過ぎた頃からでした。
 なかなかヒット作に恵まれない中でも、屈せずにやってこられたのは、「諦めないで鈍重(どんじゅう)に生き、根気よく物事に対処してきたからだ」と、継続することの大切さを語ります。
 成果は、すぐには表われないものです。自己の成長や成功につながるとわかっていても、続けることが苦しくなることは多いでしょう。勉強や習い事、筋トレやジョギングなどは、その最たるものといえるでしょう。
 1日1回、少しでも続けることが成果へとつながります。1日30分の練習や勉強でも300日続ければ、150時間にもなります。意志の強さも大切ですが、淡々と明るい心で、事に当たることが継続させるコツです。
 少しずつでも確実に前に進んでいることを楽しみながら、物事を続けていきたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月19日(土)「続けるコツ」より

<今日の心がけ>
明るい心で物事を続けましょう

続けるコツ 感想

職場の教養3月19日の画像

 「継続は力なり」ですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)