職場の教養 感想3月20日(日)「六通りから無限へ」

おはようございます。@ukara91です。
3月20日(日)の職場の教養は「六通り(ろくどおり)から無限へ」です。

六通りから無限へ

職場の教養3月20日の画像

 両手で「じゃんけん」のグーとチョキ、パーをつくり、それを組み合わせて、何かに見立てる手遊びがあります。
 この組み合わせは6通りしかありませんが、グーとチョキを合わせて「カタツムリ」、グーとパーで「ヘリコプター」など、表現できる数は無限です。
 この手遊びのポイントは、柔軟な発想をすることです。限られた組み合わせでも、創造力をふくらませることで新しいものがいくつも生まれるのです。
 これは私たちの仕事においても同じことがいえます。新しい企画やアイデアを考える際、誰も考えたことがないものを生み出すのは至難の業です。
 しかし、既存のものでも、組み合わせて見方を変えることで斬新なものが生まれる可能性はあります。それには固定観念や先入観を捨てて、イメージを膨らませることが必要でしょう。
 思い込みは、物の見方や考え方を狭めてしまう恐れがあります。物事を考える時には、頭を柔軟にして臨みたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月20日(日)「六通りから無限へ」より

<今日の心がけ>
思い込みを捨てて考えましょう

六通りから無限へ 感想

職場の教養3月20日の画像

思い込みを突破するためには、「遊び」が必要です。
普段の仕事も決まった動きがあると思いますが、その動きを遊び心で楽しむ事で思い込みは突破できます。
そのためにも、まずは仕事を楽しみながら取り組みましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)