職場の教養 感想3月21日(月)「ピンチこそチャンス」

おはようございます。@ukara91です。
3月21日(月)の職場の教養は「ピンチこそチャンス」です。

ピンチこそチャンス

職場の教養3月21日の画像

 長い人生の途中には、障壁が立ちはだかる時もあります。
 元プロ野球選手のイチロー氏は「壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている」という言葉を残しています。
 イチロー氏が捉えているように、壁に突き当たることによって自分に足りない物や課題が見え、そこから改善を経て成長につながります。
 以前、困難だった出来事も、振り返ってみれば、自分の糧となり、なくてはならない経験だったと実感する人も多いでしょう。
 ピンチと対峙した際には、後ろ向きに捉えるのではなく、前向きに挑んでみましょう。苦難を恐れ嫌うのではなく、<未来の結果を先取りする>と考え、前向きに受けとめれば、未来はきっと明るい方向に向かうはずです。
 日常は宝の山で、この一瞬にチャンスがたくさんあります。たとえ逆風が吹く状況でも、それを乗り越え、推進する力に変えていきたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月21日(月)「ピンチこそチャンス」より

<今日の心がけ>
すべての出来事を肯定的に捉えましょう

ピンチこそチャンス 感想

職場の教養3月21日の感想

 生まれてから大人になるまで。また大人になってからも様々な壁を経験しますが、乗り越えてしまうと自身の成長を実感できます。
ひょっとしたら「壁」は自身が成長するために、ちょうどよい時期に引き寄せているのかもしれません。楽しみながら乗り越えていきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)