職場の教養 感想3月6日(日)「思い切って」

おはようございます。@ukara91です。
3月6日(日)の職場の教養は「思い切って」です。

思い切って

職場の教養3月6日の画像

 私たちは年齢を重ねていくと、新しいことに挑戦するのが億劫になったり、諦めてしまうことがあります。
 A子さんが荷物整理をしていた時のことです。小学生時代の文集を見つけ、それを開いて見ると「保育士になりたい」と自身の夢が書いてありました。
 別の道に進んだA子さんでしたが、文集を見返したことをきっかけに、もう一度夢に向かって挑戦したいという思いが湧き上がってきました。A子さんは熟考の末、保育士を目指すことを決めたのです。
 それからA子さんは、空いている時間を活用して、筆記試験と実技試験の勉強を始めました。
 1回目の試験では不合格でしたが、その後も諦めずに挑戦し続けました。そしてA子さんは無事に合格し、現在は保育士として元気に働いています。
 過去を変えることはできませんが、未来は変えられます。諦めずにチャレンジし続けて、人生を豊かにしていきたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月6日(日)「思い切って」より

<今日の心がけ>
諦めずにチャレンジしましょう

思い切って 感想

職場の教養3月6日の画像

 若い頃はなんでもできる。年を重ねるとできることが限られる。というのは過去の話です。体を使った仕事しかなかった時代は、年齢により体が動きづらくなることで、「できることが限られる」ことはありましたが、現代は、スマホ1台で色んなことができる時代になりました。
一部の人にしか入らなかった情報も、インターネットの使い方次第で情報は何でも入るので、今ではネットで仕入れた情報を自分なりに分析し、ニュースキャスターのような仕事もYouTubeで行えます。若い頃よりも、年齢と共に重ねた経験を活かして、魅力的な仕事ができる時代です。
 人生死ぬまで活躍できる時代です。活動したい人は死ぬまで活動していきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)