職場の教養 感想5月15日(日)「あきらめない」

おはようございます。@ukara91です。
5月15日(日)の職場の教養は「あきらめない」です。

あきらめない

職場の教養5月15日の画像

 イソップ寓話に、「2匹のカエル」という話があります。
 2匹のカエルが、牛乳の入ったバケツに落ちてしまいました。1匹は<もう駄目だ>とあきらめて、何もせずにじっとしていたので、溺れて死んでしまいました。
 もう1匹はあきらめずに、とにかく泳ぎ回り、出口を探して跳び上がっていました。すると、足元のミルクがかきまわされ、バターになったのです。それに載り、無事に外へと飛び出すことができたという話です。
 この寓話は、困難に直面した際の対応を教えてくれます。どんな状況にも、自分にできることはあるのです。その時に、早々にあきらめてしまうか、できることを取り組むかで、その後の展開も大きく違ってきます。たとえ上手くいかなくとも、その経験を次に生かすことはできるのです。
 何もせずにいるだけでは、活路はなかなか開けません。まずはできることから取り組むことが大切だといえるでしょう。その繰り返しから、思いがけない可能性が見えてくることもあるのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養5月15日(日)「あきらめない」より

<今日の心がけ>
あきらめずに取り組みましょう

あきらめない 感想

職場の教養5月15日の画像

 何事も活路を開くには、「活路とは必ず開けるものだ」という思考が必要だと思います。何にもしていなくても、自動的に活路は開けていくぐらいの姿勢でいると、自然に活路を開くための脳の働きに変わり、活路を開くための動きを行うようになってきます。
あきらめる事など必要ありません。毎日朝になれば日が昇るように、必ず活路は開けます。余裕を持って迎えてあげましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)