職場の教養 感想5月18日(水)「御田植祭」

おはようございます。@ukara91です。
5月18日(水)の職場の教養は「御田植祭」です。

御田植祭

職場の教養5月18日の画像

 5月から6月にかけて行われる田植えの時期には、全国各地で御田植祭が開催されます。これはその年の豊作を祈る田植えの神事です。
 内容は早乙女が神田に田植えを行ったり、予祝行事として農作の演技を行うなど地域によって様々です。また、「田植歌」が歌われることもあります。
これは、厳しい農作業を楽しく乗り切るための先人の知恵ともいえるでしょう。
 農作物は、天候気候の変化によって多大な被害が出ることがあり、科学の力では予想出来ない事象や、不明な点も数多く存在します。
 そして、農作物は自然の恵みによって育まれます。御田植祭のような伝統行事を通して、自然界の恩恵によって私たちが食べるものが作られ、生かされているという自覚を深める契機にしたいものです。
 農業は機械化が進むなど、昔と比べて環境が著しく発展しました。そんな中行われる御田植祭からは伝統を継承することの大切さが学べるでしょう。
 変えることと続けることの区別をしっかりつけて業務に臨みたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養5月18日(水)「御田植祭」より

今日の心がけ>
伝統行事からの学びを深めましょう

御田植祭 感想

職場の教養5月18日の画像

 お祭りには多くの人が集まります。御田植祭には米農家が多く集まったことでしょう。多く集まる時に、今までの経験を語り合うことで、それぞれ個人のもってる知識(個人知)が集合知に変わり、それがお米栽培のノウハウとして集団に引き継がれていきます。お祭りにはそのような絶大な効果があったのだろうと推察できます。

お祭りはとても興味深い行事ですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)