職場の教養 感想7月1日(金)「健康ファースト」

おはようございます。@ukara91です。
7月1日(金)の職場の教養は「健康ファースト」です。

健康ファースト

職場の教養7月1日の画像

 今年50歳になるT氏は、10年前、大病を患いました。それまでは、体を犠牲にしてでも働き続けることを美徳としていました。朝食を食べたり食べなかったり、お酒も毎日飲むなど、健康にまったく気を使っていませんでした。
 大病を克服してからのT氏は、健康を第一に考える「健康ファースト」を掲げ、規則正しい生活、ストレスのかからない生活を心がけるようにしました。
 その一環として始めたのが、毎日のウォーキングです。初めは、軽いウォーキングプログラムから始め、徐々に運動強度を上げていき、現在に至ります。
 ある日、公園をウォーキングしているとき、<自分は今、部下がいる立場だ。これからも自身の健康に留意しながらも、職場の仲間の健康面も考え、相手の立場になって仕事をしていこう>とT氏は、思い至ったといいます。
 自然に触れながら、ウォーキングすることで、T氏は、リラックスした心持ちで、家族、職場の仲間、自分自身を受け入れようと考えるようになりました。
 周囲の人の健康に留意しながら、日々の生活を送りたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養7月1日(金)「健康ファースト」より

<今日の心がけ>
健康に留意しながら生活しましょう

健康ファースト 感想

職場の教養7月1日の画像

 体は健康だけど、性格の悪い人。性格はとても良いけど不健康な人。どちらも健全とはいえません。心も綺麗で体も健康。これが一番ですね。
それを継続するには、今生きていることに感謝することだと思います。
宇宙があり、地球があり、太陽があり、土があり植物があり、動物がいて、周囲の人間や家族がいる。それら全てと関わり合いながら今の自分が生きているので、それら全てに感謝し、生きていることを喜びましょう。そうしていると心も体も健康になるのではないかと思います。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)