職場の教養 感想7月9日(土)「砂漠に咲くバラ」

おはようございます。@ukara91です。
7月9日(土)の職場の教養は「砂漠に咲くバラ」です。

砂漠に咲くバラ

職場の教養7月9日の画像

 イラン出身でタレントや女優として活躍しているサヘル・ローズさん。4歳の時に家族と生き別れになり、自分の名前、出生地、生年月日などが分からなくなってしまいました。
 その後、孤児院で生活をし、養母に引き取られ、養母からサヘル・ローズという名前をつけてもらいます。
 サヘルはサハラ砂漠を指し、ローズはバラ、「砂漠に咲くバラ」という意味です。本来、バラは砂漠には咲きませんが、砂漠に咲くほどの力強さを持ってほしいことから、この名前がつけられたようです。
 子供の命名には、親、親族、そのほかの人々の様々な思いが込められています。
「健康で」「立派に」「その個性を活かして社会に役立ってほしい」など、どのような思いが名前に込められているのでしょうか。
 自分の名前の由来を知ることで、日常に新たな視点をもたらすこともあります。
改めて、名前の由来を調べてみてはいかがでしょうか。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養7月9日(土)「砂漠に咲くバラ」より

<今日の心がけ>
自分の名前の由来を知りましょう

砂漠に咲くバラ 感想

職場の教養7月9日の画像

 私の名前は「困難を乗り越える」という意味があります。
若い頃は「じゃあ僕の目の前は困難ばかりではないか!」と、自分の名前が嫌いなこともありましたが、今ではどんな困難があっても乗り越えられるという暗示がかかったように自信がでています。
自分の名前だけでなく、会社の名前や由来。自分の住んでいる町の名前や由来を調べてみると、会社や町に対しても愛着が湧き、仕事や生活が今以上に楽しめるようになると思います。由来など、歴史を調べてみましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)