点字ブロック

おはようございます。@ukara91です。
1月18日(土)の職場の教養は「点字ブロック」です。

点字ブロック

 Sさんは、通勤のため駅のホームで電車を待つ間や乗車中は、好きな作家の小説を読むのを楽しみにしています。
 ある日、いつものようにホームで小説を読んでいると、Sさんの後方から棒のようなもので何かを擦りながら移動している音が聞こえてきました。<何の音だろう?>と後ろを振り返った瞬間、女性とぶつかってしまいました。
 その女性は目が不自由なようで、白い杖をついています。一瞬驚いたSさんでしたが、すぐに<いつも何気なく立っている場所は点字ブロックの上で、女性の進路を邪魔していたのは自分なのだ>と気づき、丁重にお詫びしました。
 今まで、あまり周囲を気にとめずに過ごしてきたSさん。改めて見回すと、駅のホームだけではなく、駅の中や商店街、横断歩道など、至る所に点字ブロックがあります。
 <点字ブロックが必要な人の妨げにならないように、もっと周囲に配慮しよう>と思ったSさんでした。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養1月18日(土)「点字ブロック」より

<今日の心がけ>
周囲に気を配りましょう

点字ブロック 感想

 Sさん!もっと早く気づいてー!(笑)
としか言いようがありません(笑)

点字ブロックの無い道を目の不自由な方やお年寄りが歩く場合もあります。
周囲に目を向けて、あたりまえの気遣いを常に心がけたいものです。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)