職場の教養 感想11月24日(火)「両親への感謝」

おはようございます。@ukara91です。
11月24日(火)の職場の教養は「両親への感謝」です。

両親への感謝

 プロ野球の千葉ロッテマーリンズ、和田康士朗(わだこうしろう)選手は育成選手枠で入団しました。<失敗が許されない>と、練習で自らを追い込み、ラストチャンスの一年と決めた本年6月、その努力と実力が認められ、支配下選手枠を勝ち取ったのです。
 和田選手は、ケガの影響から高校時代は野球部には所属せず、クラブチームに所属して自身を磨きました。卒業後は、日本の独立リーグを経由して入団という移植の経歴を持ち、「何度も心が折れそうになった」と回想しています。
 実家に帰った際も、「もうだめかもしれない」と母親に弱音を吐きました。厳しい叱咤を覚悟していましたが、「中途半端にならないように、悔いの残らないように」とエールを贈られ、母親の優しさが心に刻まれたといいます。
 和田選手は、育ててくれた両親への感謝を感じることで、<誰かが自分を見てくれている>との思いが込み上げて、一軍での選手生活をスタートさせたのです。
 職場においても先輩や同僚、そして両親や家族が自身を見守ってくれているとのエールを感じながら、自己の成長の壁を打ち破っていきたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養11月24日(火)「両親への感謝」より

<今日の心がけ>
感謝を自らの力に変えましょう

両親への感謝 感想

自分の存在や行動は、必ず誰かが見てくれているものです。
常にその「目」に感謝しながら、よい行動で応えていきたいものですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)