職場の教養 感想「弟との食事」

おはようございます。@ukara91です。
6月30日(火)の職場の教養は「弟との食事」です。

弟との食事

 九州で暮らすKさんは、久し振りの関東への出張を前に、東京で働く弟と夕食の約束をしました。
 数ヶ月振りに会った弟との会話には、何も特別なことはありませんでした。
2人はお酒を酌み交わしながら、お互いの仕事の話や私生活のことなど、取り留めのない話をしました。
 Kさん兄弟は、家族が一つ屋根の下で暮らしていた子供の頃は、当たり前のように共に食事をしました。その良さを改めて感じた2人でした。
 別れた後、予定を合わせてくれた弟に「今日はありがとう。たまにしか会えないけど、次に会えるのを楽しみにしてるよ」とメールを送りました。
 弟の返事には「こちらこそありがとう。僕もまた会えるのを楽しみにしてる。忙しいと思うけどお互い体調には気をつけようね」と書かれていました。
 メールの一文に心が温かくなったKさん。離れているとつい薄らいでしまいそうな家族とのつながりを、改めて感じた1日となりました。

<今日の心がけ>
つながりの場を持ちましょう

弟との食事 感想

何も特別ではない話ができる人って、すごく貴重ですよね。
無理に会話する緊張感もなく、取り留めのない普通の会話はお互いに自然体をキープでき、無言でいても苦にならない。

家族以外でも無言で大丈夫な関係は気づけます。こういう人付き合いを大切にしたいですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)