職場の教養 感想12月24日(金)「贈り物に込める思い」

おはようございます。@ukara91です。
12月24日(金)の職場の教養は「贈り物に込める思い」です。

贈り物に込める思い

職場の教養12月24日の画像

 日本において、クリスマスは家族や親しい間柄でプレゼントを贈り合ったり、サンタクロースが子供たちにプレゼントを運んだりと、楽しいイベントの1つとして定着しています。
 アメリカの小説家であるオー・ヘンリーの短編『賢者の贈り物』は、この時期に相応しい読み物として、現代でも多くの人に親しまれています。
 貧しくも慎ましく暮らす夫婦の物語で、妻は夫へのクリスマスの贈り物を買うため、大切にしていた美しく長い髪を切り、売ってしまいます。一方、夫は妻への贈り物を買うため、祖父、父、自分へと譲り受けた金時計を売るのです。
 自身の大切な物を売ったお金で、妻は夫の金時計に似合う鎖を、夫は妻の髪に飾る櫛をそれぞれ贈りますが、結果としてそれらは用をなさなくなりました。しかし2人は、相手を1番に思う気持ちを確かめ合うこととなったのです。
 クリスマスには、普通自分を支えてくれている家族に対して、感謝の気持ちを込めて、相手が喜んでくれそうなことをしてみませんか。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養12月24日(金)「贈り物に込める思い」より

<今日の心がけ>
相手を思う気持ちを伝えましょう

贈り物に込める思い 感想

職場の教養12月24日の画像

オー・ヘンリーの『賢者の贈り物』のエピソードが自分の身に起きたら、どうかんじるでしょうか?
自分に必要がなくなった物を奥さんからいただいて、その気持ちに感謝できるでしょうか。
「贈り物」は、相手のことを考えているという気持ちを物体化したものです。相手に贈り物をしようとする際に、「あの人は、きっとこんな物があると嬉しいに違いない」などと、相手の性格や最近の行動から、相手が喜び、必要なものを想像して買う物です。

もらう側は、相手が自分のことを考えてくれている という気持ちが嬉しいのですよね。

『賢者の贈り物』では、お互いに必要な物にはなりませんでしたが、お互いにすごい贈り物を交換し、より深い関係になったのだと思います。
贈り物は相手のことをしっかりと考えて、贈りましょう。きっと気持ちが伝わるはずです。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)